タカタ製エアバック、全米規模リコールへ

米当局、全米規模でのリコール命令

 11月18日、タカタ製のエアバッグ問題で、米運輸省高速道路交通安全局は、全米規模のリコールを命令した。タカタの看板、都内で9月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[ワシントン 18日 ロイター] - タカタ製<7312.T>のエアバッグ問題で、米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)は、全米規模のリコールを命令した。NHTSAのフリードマン局長代行は「リコール対象のエアバッグを搭載したすべての自動車についてリコール手続きを開始する」と述べた。

リコールの対象となるのは、ホンダ<7267.T>、マツダ<7261.T>、フォード・モーター<F.N>、クライスラー、BMW<BMWG.DE>各社製の自動車。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
カカクコム<br>優良児のつまずき

食べログ、価格.comを運営するカカクコム。営業利益率は50%近い超優良児だ。今年2月に上場来初の業績下方修正を発表し、株価は低迷。クチコミビジネスが直面する課題に迫る。