タカタ製エアバック、全米規模リコールへ

米当局、全米規模でのリコール命令

 11月18日、タカタ製のエアバッグ問題で、米運輸省高速道路交通安全局は、全米規模のリコールを命令した。タカタの看板、都内で9月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[ワシントン 18日 ロイター] - タカタ製<7312.T>のエアバッグ問題で、米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)は、全米規模のリコールを命令した。NHTSAのフリードマン局長代行は「リコール対象のエアバッグを搭載したすべての自動車についてリコール手続きを開始する」と述べた。

リコールの対象となるのは、ホンダ<7267.T>、マツダ<7261.T>、フォード・モーター<F.N>、クライスラー、BMW<BMWG.DE>各社製の自動車。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。