ローソン、「専用ビスコ」の深い戦略

原材料にこだわり、「お菓子で健康」を推進

ローソンは、ナショナルブランドとの共同開発により、「原材料にこだわったお菓子」のラインナップを強化している(撮影:今井康一)

大手コンビニのローソンは、都内などで高級スーパーを運営する成城石井を10月31日に買収する。そのメリットの一つとして同社が考えているのが、「製造小売り(SPA)のノウハウを手に入れられる」という点だ。

SPAとは原材料の調達から製造、販売までを一企業で担うことをいい、代表的な企業にユニクロを運営するファーストリテイリングなどがある。成城石井も自前の工場で総菜やパンなどを作って各店舗に配送している。

世界一の小商圏型SPAを目指す

コンビニは一般的に「商品は仕入れて売る、自分たちで製造はしない」と思われがち。しかし、ローソンは、新浪剛史・前社長の時代から「世界一の小商圏型製造小売業を目指す」と宣言、原材料調達や製造までさかのぼる取り組みを進めてきた。

商品開発を担当する大山昌弘専務は「川上までさかのぼると商品の質を高められ、同時に粗利益を上げることもできる」とその狙いを示す。小売業界を分析する野村証券の正田雅史マネージング・ディレクターは、「SPAの場合、スピード感を持って機動的に動くことができ、さらに同じ企業文化の中で一気通貫で物事が進められる」とそのメリットを指摘する。

次ページオーガニックバターを求め、デンマークへ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。