「ビッグデータ」って、やっぱりすごそうだ

『データの見えざる手』を読む

センサーを取り付けることで24時間の動きを把握。それを解析することで個人の行動パターンが分かるようにになってきた(写真:アフロ)

ビッグデータの時代である。私が生業とする生命科学の分野も例外ではない。全遺伝情報を解析するゲノム(genome)や、タンパク(protein)の発現をまるごと解析するプロテオーム(proteome)など、オーム(-ome)がうるさく幅を利かせるこのごろだ。

『オーム解析』は、私のように古典的な生物学から研究をはじめ、手作業の分子生物学の時代にしか実験をしてこなかった者にとっては、いささか手強い相手である。生のデータを相手にするのではない。もちろん、元々は個々の生データなのであるが、それを一定のフレームで切り取り、膨大な数のデータをコンピューターで解析する。

そもそもビッグデータって?

この記事はHONZからの提供コンテンツです。上の画像をクリックするとHONZのサイトにジャンプします

昔の研究は、いってみればここ掘れワンワンみたいなものであって、運と勘、あるいは目利きといったものが必要であった。

しかし、ビッグデータをあつかう網羅的解析は違う。宝があるかどうかわからないけれど、とりあえずドカッとブルドーザーで掘って、ある程度の大きさの篩(ふるい)にかけるような方法だ。

小さな宝は相手にせず、篩で残ったある程度以上の宝だけを取りだして、さてさてと都合のいい方法で品定めするようなものである。

次ページ熱力学と人間行動の関係
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。