スマホ事業、ぜひ私に売ってください

<動画>夏野剛さんがSHとFに緊急アピール!

夏野剛氏は、小米科技の雷軍CEOと旧知の仲

調査会社ストラテジー・アナリティクスによると、2014年4~6月の世界トップ5のスマートフォンメーカーのうち、3社が中国メーカーだった。トップとして君臨するサムスン電子は25.2%(前年同期32.6%)と凋落。2位のアップルのシェアも11.9%(同13.4%)と継続的なシェア低下が続いている。

その一方、元気がいいのが中国メーカー。華為技術(ファーウェイ)は6.8(前年同期4.8%)、レノボ・グループ(聯想集団)は5.4%(前年同期4.8%)と順調にシェアを拡大。5位に食い込んだ小米科技(シャオミ)に至っては、前年同期の1.8%から5.1%へとシェアを急拡大させている。

シャオミは創業から、わずか5年。たった5年で、「エクスペリア」のソニーよりも多くのスマホを売るようになっているのだ。ソニーはスウェーデンのエリクソンという名門の事業も承継しており、非常に長い歴史を持つ。そのソニーのレベルにまで、わずか5年で達成してしまったことは「恐ろしいことだ」(夏野氏)。

シンプルなコンセプトとリーダーシップ

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

CEOの雷軍(レイ・ジュン)氏はマイクロソフトの「オフィス」とそっくりのキングソフトを成功させた人物。キングソフトを売却して得た資金をもとに投資を行っており、そのうちの1社がシャオミだった。「かっこいいアンドロイドフォンがないから、かっこいいアンドロイドフォンをつくろう」━━そんなシンプルなコンセプトを貫き、メリハリの効いた経営をすることによって、瞬く間に急成長を遂げたのである。

とくに際立った技術を持っているわけではないのに、なぜ躍進したのか。シャオミー大躍進から日本のメーカーが学ぶべきことは多い。

次ページ日本メーカーになかったものとは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。