高萩光紀・JXホールディングス社長--強い危機感を持って石油精製販売を立て直す

高萩光紀・JXホールディングス社長--強い危機感を持って石油精製販売を立て直す

新日本石油と新日鉱グループ(ジャパンエナジー、日鉱金属)が経営統合し、4月に誕生したJXホールディングス。7月1日には、持ち株会社傘下の三つの中核事業会社の機能別再編が完了、名実ともにJXグループが始動した。グループ売上高9兆円の大半を占める石油精製販売事業は、国内で圧倒的な存在感を放つ。ガソリンなど燃料油の販売シェアは34%と、ライバル他社の倍以上。8製油所を持ち、系列スタンド網は1万3000近い。

が、主力の石油精製販売を取り巻く環境は非常に厳しい。1999年度をピークに国内需要は減少の一途。産業界や家庭での石油離れが進み、過去10年で需要は2割も減った。業界の精製処理能力と需要のギャップは年々拡大し、各社は細るマージンに苦しんでいる。JXの母体である旧新日石、ジャパンエナジーの統合直前の2009年度決算では、石油精製販売の実質損益(一過性の在庫関連益を除く)が、合計で1400億円近い赤字に陥った。

嵐の中の船出となった巨大グループを、どう舵取りしていくのか。グループを率いるJXホールディングスの高萩光紀社長に聞いた。

--どんな優先順位で経営課題に取り組んでいきますか。

やはり、いちばんの課題は、石油精製販売事業の立て直しです。効率化と統合によるシナジー効果をきっちり出し、安定的な収益を上げられる事業体に変えていく。今回の経営統合もいちばんの目的はそこにあるわけですから。一方で、石油、金属とも収益性の高い上流分野へと投資を重点配分する。精製販売の効率化と高収益分野への戦略投資、二つを同時並行で進めていく。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。