成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ 波頭亮著

成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ 波頭亮著

すでに成熟フェーズに入った日本において、国民が幸せになれる社会の仕組みは、どのようなものか。必然的に国家ビジョンを差し替えなければならないと、著者は説く。

そこでの経済政策の主役は、誰がどれくらい税金を負担し、公的サービスを受給するかの「所得再配分」を決める分配論になる。「国民の誰もが、医・食・住を保障される国づくり」という国家ビジョンに基づき、新しい社会の仕組みを示し、その実現に向け戦略発動すべきだと論述する。

「成長戦略論」のままに経済政策や政治の仕組みを再構築するならば、日本社会は一層暗く沈滞していくだけと、個人主義的リベラリストから「穏健な社会論者」に変身した著者は主張する。

ちくま新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。