盛田家はソニー「PS4」を救えるか?

年末商戦で新作ソフトを大量投入

プレイステーションの戦略発表会で登壇した盛田厚SCEジャパンアジア社長。「一丸となってプレイステーションビジネスを盛り上げる」と意気込むが・・・

「決意表明をさせて下さい。日本のコンソール(家庭用ゲーム機)市場は欧米に遅れをとっています。至らない点は多々あるでしょうが、チーム一丸となってプレイステーションビジネスを盛り上げていきます」

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は9月1日、国内のプレイステーションビジネスの戦略発表会を開催した。同日付でアジア部門を統括するソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)社長に就任したばかりの盛田厚取締役(54)が登壇し、新作ソフトなどのプレゼンテーションを行った。

 PS4の販売テコ入れで起用?

盛田氏はソニー創業者の盛田昭夫氏のおいにあたる。1982年にソニーへ入社し、英国法人のソニーUKや経営企画部門などを経て、2006年にSCEへ入社。12年にはSCE取締役に就任し、経営管理畑を歩んできた。

前任者の河野弘氏はSCE取締役を退任し、国内販売子会社のソニーマーケティング社長に専念する。河野氏はソニーの平井一夫社長がSCE社長時代から近しい関係で、チーム平井の中枢メンバーでもある。国内のゲーム業界でも広く知られた人物のため、ほぼ無名だった盛田氏が後任を務める今回の人事は驚きを呼んだ。しかし昨年11月に発売した家庭用ゲーム機「プレイステーション4(PS4)」の国内での苦戦ぶりを見ると、幹部交代により販売のテコ入れを図る狙いがあったと見てとれる。

13年11月の発売から世界で1000万台(8月10日時点)を売り上げたPS4だが、「ファミ通」調べによると国内では66万台(8月24日時点)と大苦戦を強いられている。盛田氏の最重要課題は、PS4を筆頭とする国内プレイステーションビジネスの活性化にほかならない。「まだ立ち上げ期の半ばであり、PS4にとって今年が初めてとなる年末商戦で私たちが市場を牽引する」(盛田氏)と意気込む。

次ページスマホゲームに押される家庭用機
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。