ティーパーティ躍進、共和党指導部の憂鬱

予備選挙で大物のカンター氏がまさかの敗北

誰も予想しなかったエリック・カンター氏の敗北。同氏は下院院内総務を辞任(写真:ロイター/アフロ)

11月4日の米国議会中間選挙に向けて予備選挙が実施されている。今回の予備選挙の特徴は、共和党内での穏健派候補者とティーパーティ派候補者の間で、熾烈な公認競争が展開されていることだ。

6月2日に行われたバージニア州の下院予備選挙で、同党ナンバー2の地位を占めるエリック・カンター院内総務がティーパーティ派のデビッド・ブラット候補に敗れる番狂わせが起こった。誰も予想しなかった結果に、ワシントンの政界には衝撃が走った。選挙結果がティーパーティ派候補に勢いを与えることは間違いない。

高まる影響力

そのショックの大きさは、まず次期院内総務選挙に表れた。ティーパーティ派議員が院内総務を自派から出す動きを見せたことに対して、共和党指導部はカンター辞任を早々に認め、6月19日に後任選挙を実施することを決定、ティーパーティ派議員の動きを制した。

議会におけるティーパーティ派議員の影響力は無視できないまでに大きくなっている。下院ティーパーティ・コーカス(派閥)の加盟議員は48名だが、同調議員も含めると、その勢力は100名を超えるとみられる。下院共和党議員は234名で、この議員集団を無視して議会運営はできないのが実情である。さらに共和党支持者の58%がティーパーティ派を支持している(2013年12月のギャラップ調査)。

次ページブラット候補の勝因は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。