JAL大量欠航を招いた「重量管理」のカラクリ

効率運用の負の側面が顕在化

大量欠航をもたらしたのは、効率運用のために導入されたシステムだった

想定外のトラブルで、約1万4000人が影響を受けた。日本航空(JAL)は6月5日、システム障害により合計174便の国内線を欠航した。

全国各地の空港とつながるJAL全体の運航管理システムのうち、航空機の「重量管理」を行うシステムが、同日9時15分ごろにダウン。17時ごろに復旧したものの、システムが止まっている間の運航便の大半を飛ばせなかった。

システム復旧後は、特段の異常はなく運航は正常化。ただ、ダウンした重量管理システムは、今年1月に従来のものから刷新したばかりで、今回、初めてトラブルを引き起こした。6月6日午後時点では「原因ははっきり特定できていない」(JAL広報部)ことを考えると、原因を特定して明確な対策を打たない限り、同じようなシステム不良を起こす可能性を否定できない。

荷物の配置でバランスを制御

それにしても、今回の一件を引き起こしたのは、重量管理にかかわるたった1つのシステム不良だ。なぜ重量管理をできなくなったことが、大量欠航につながったのか。

航空機は、乗客の人数やその乗客が座る座席の位置、スーツケースをはじめとした乗客が預ける荷物、航空貨物として併載する荷物の量、燃料などが、便によって変動する。そこで航空機の重心を考慮して、前後左右でバランスを最適にしないと、安全かつ効率的に飛ばせない。

次ページきめ細かなシミュレーションが可能
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。