老後に本当はいくら必要か 津田倫男著

老後に本当はいくら必要か 津田倫男著

定年退職後に経済的に困らないために最低限必要なおカネの具体的な算出方法と、老後を楽天的かつ前向きに過ごす方法を説いている。

企業アドバイザーである著者は、不安だからといってハイリスク・ハイリターンの金融商品に安易に手を出してはならないと注意を促す。大きな経済成長が見込めない日本で、簡単に資産を増やす方法などないとして、年金プラス月に数万円もあれば十分に暮らせることをさまざまな角度から検証。プラス数万円の具体的稼ぎ方も紹介する。

経済的な心配ばかりせず、社会との新たなかかわりを持つこと(趣味の充実、熟年企業、ボランティア活動など)で、充実した人生を過ごせるとも述べている。

祥伝社新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。