政権担当能力ない福田政権、早急に力を蓄える必要ある小沢民主

政権担当能力ない福田政権、早急に力を蓄える必要ある小沢民主

福田首相との大連立の話が幻に終わった後、小沢民主党代表は記者会見で、連立を目指した理由の一つとして、「力量不足で、政権担当能力にも疑問あり」と語った。どういう意味かと聞かれた小沢代表は、「みんないつもそう書いているでしょ」とだけ述べ、政権担当能力の中身、民主党に何が欠けているかという点には直接答えなかった。

約4カ月後のいま、福田政権は迷走を続け、「3月危機説」が現実味を増しているが、危機を招いている要因は、一言で言えば政権担当能力への疑問である。政権担当能力は、「万年与党」の自民党は○で、結党からずっと野党の民主党は×と見ている人は多い。
 だが、年金記録問題や防衛省汚職に加えて、今度のイージス艦事故での失態などを見れば、「万年与党」だから○という機械的な判断が間違いであることは誰にでもわかる。

政治学者の故高坂正尭元京大教授は著書『宰相吉田茂』で、「政府とは、国の内外における安全を保障し、時代の要請する課題に直面して、それを解決するためのイニシアティブをとり、必要な措置を要請する存在である。それは昔も今も、民主主義の下であろうがなかろうが変ることのない真理」と書いている。
それだけでは政権担当能力は十分ではないが、必要条件のこの点を欠いていれば、政権担当能力なしと判定されるだろう。この基準からすると、福田政権は失格だ。

一方の民主党は、大連立に参加して政権担当能力の修得をというのが小沢代表の発想だが、それよりも、「安全保障と、時代が要請する課題解決のためのイニシアティブを取り、必要な措置を要請する」にはいま何が必要か、真剣に議論し、そのための実力を早急に蓄えることが第一条件ではないか。

塩田潮
塩田潮(しおた・うしお)
ノンフィクション作家・評論家。
1946(昭和21)年、高知県生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科を卒業。
処女作『霞が関が震えた日』で第5回講談社ノンフィクション賞を受賞。著書は他に『大いなる影法師-代議士秘書の野望と挫折』『「昭和の教祖」安岡正篤の真実』『日本国憲法をつくった男-宰相幣原喜重郎』『「昭和の怪物」岸信介の真実』『金融崩壊-昭和経済恐慌からのメッセージ』『郵政最終戦争』『田中角栄失脚』『出処進退の研究-政治家の本質は退き際に表れる』『安倍晋三の力量』『昭和30年代-「奇跡」と呼ばれた時代の開拓者たち』『危機の政権』など多数
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。