後期高齢者医療制度 高齢者からはじまる社会保障の崩壊 伊藤周平著

後期高齢者医療制度 高齢者からはじまる社会保障の崩壊 伊藤周平著

「長生きしすぎたんやろか。こんなに辛いなんて」(93歳女性)。75歳以上を対象に今年4月から始まった「後期高齢者医療制度」を社会保障法の研究者が解説。冒頭の女性のように、多くの老人が負担増に苦しんでいるという。

コストカットだけを目的に政府は同制度を導入したと、著者は指摘する。そのうえで高齢者に過酷な「現代のうば捨て山」と厳しく批判し、「制度の廃止と国民的な議論」を呼びかける。年金、介護などの社会保障でも、現役世代を含めた負担増を政府は検討中だが、「社会保障制度は崩壊の危機にある」。世界的にみて優遇されている企業・高額所得者への負担増と所得の再配分が、崩壊を食い止める手段と提案している。

平凡社新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。