鹿島、労務費高騰で利益なき繁忙

受注高は増額、営業利益は減額

労務費高騰にどう対処するか(鹿島の本社ビル、撮影:今井康一)

受注は大幅増加だが、利益は減額修正――。

鹿島は11月12日に2014年3月期の通期の受注高を期初予想の1兆2000億円から約2割アップの1兆4300億円に増額修正した。このうち国内が1兆1650億円を占める。通期の売上高も期初予想の1兆4300億円から1兆5200億円(前期比2.4%増)に修正した。

東北の震災復旧・復興や国土強靱化関連などの公共事業はもちろん、一部民間の大型設備投資も盛り上がりを見せている。そこへ東京オリンピックの開催が決定するなど、建設業界を取り巻く受注はこれまでにない好環境だ。大手ゼネコンの一角、鹿島もその追い風を実感している。

だが、大きな懸念材料が顕在化している。労務費と資材の高騰だ。特に、人手不足による労務費の高騰は、今期の利益を直撃した格好だ。受注、売上高ともに増額修正となったにもかかわらず、営業利益は期初予想の310億円から180億円に、経常利益は同じく310億円から210億円に減額された(最終利益は変わらず)。売上高営業利益率でみると、期初予想の2.16%から1.18%へと大幅に低下することが見込まれている。

次ページ土木と建築に大きな差
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。