GMI report No.3
グローバル経営の作法

日置 圭介 デロイト トーマツ コンサルティング パートナー

日本と欧・米とでは、多事業展開する大規模な企業の収益性に明らかな違いが見られる。
理由はさまざまあろうが、1つには、自らを転換させ続ける姿勢にある。非連続に変化する環境において、日本企業が勝ち続けるために学ぶべき経営の「作法」とは何かを考える。

非連続な変化が求める「転換」

20XX年の未来を予測するレポートや書籍があふれている。明るい未来を信じられるようなものがある一方、いやでも悲観的にならざるをえないたぐいも多い。

2050年に日本のGDPが6.4兆ドルになるとの予測もあるが*1、少子高齢化による人口動態の変化を鑑み、他の条件を仮に一定とすると、その達成には、生産性を現在の約2.4倍にする計算となる。GDPの成長だけが国の発展かという問いを差し置いても、実現するにはやり方だけでなく、やること自体を変えなければならない。つまり、改善という連続的な取り組みではなく、改革や転換という非連続な行動によってのみ到達できる。

やるべき転換の1つに、産業構造転換が挙げられる。日本の今後を考える際、避けては通れないビッグアジェンダだ。付加価値や成長性の高い産業へのシフトがうまく進まない状況が続けば、日本経済の先行きが暗くなることは自明である。

このような状況を脱却するヒントを探るべくさまざまに思考をめぐらせている過程において、企業の事業転換のあり方を分析していたところ、組織特性と収益性との関係に面白いポイントが浮かび上がった。今後GMIでは、さらに分析・考察を進め、事業転換、産業構造転換についてのヒントを探っていく予定だが、本稿では経営のグローバル化という文脈における企業特性にフォーカスし、未来を議論する1つの題材を提供したい。

次ページ組織特性と収益性の関係性
CONTENTS
特別対談 日本のリーダーが、世界で戦うために必要なこと 岡田 武史サッカー元日本代表監督 近藤 聡デロイト トーマツ コンサルティング 代表取締役社長 パートナー
特別寄稿 哲学、美学がない企業に未来はなし 石井 裕 MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボ 副所長
Top Interview 事業の特性にあわせて戦い方を変える三菱電機のグローバル戦略 山西 健一郎 三菱電機 執行役社長 取締役
GMI REPORT グローバル市場制覇に不可欠なルール形成戦略 國分 俊史 デロイト トーマツ コンサルティング ディレクター
 
GMI REPORT 外発的グローバル化のすすめ キャメル・ヤマモト デロイト トーマツ コンサルティング ディレクター
GMI REPORT グローバル経営の作法 日置 圭介 デロイト トーマツ コンサルティング パートナー
 
Featuring Deloitte Digital グローバル×デジタル化社会における 経営のイノベーション  岩渕 匡敦 デロイト トーマツ コンサルティング パートナー
結びに 困難なこれからの10年、今がまさに岐路 大崎 明子 東洋経済新報社 編集局 ニュース編集部 部長
 
LINK
グローバルマネジメントインスティテュート グローバル競争において日本企業が勝ち抜くために 詳細はこちらから
Deloitte. Digutal 詳細はこちらから
 
ARCHIVE
グローバル経営戦略 2013
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。