記事広告アーカイブ

負け組食品メーカー 営業マネージャーの成功物語

東経食品を劇的に変えたクラウドサービスとは!?

都内某所の東経食品の営業部。机にある大量の書類を前に、営業マネージャー石原三樹(39)は頭を抱えていた。会社の売上は鈍化し、新しい提案が求められている。しかし、旧態依然とした営業体制でチーム力は低い・・・。そんな石原を救ったのは、あるクラウドサービスだった――。

石原三樹、悩む。

石原の勤める東経食品は、創業45年、従業員およそ200名の中堅食品メーカーだ。創業者橘庄之助が開発した秘伝のタレがベストセラーとなったことを契機に、調味料のメーカーとしての認知が拡大。右肩上がりに業績を伸ばし、現在では東京本社の他に、埼玉県に2つ工場を所有するまでに成長を遂げた。

今年39歳。石原が東経食品の門を叩いたのは約半年前。以前勤めた商社での営業実績も評価され、「営業マネージャー」として転職した。「自分の好きな商品を世の中に発信する仕事がしたい!」石原は燃えていた。

・・・ところが、石原が目にした現実は、予想とは違っていた。

ここ数年、東経食品の売上の伸びは鈍化していた。新しい商品の開発が遅れ、競合メーカーの新製品に徐々にシェアを奪われつつあった。東経食品は、今、新しい提案力が求められていた。

石原が最も驚いたのは、旧態依然とした営業方法だった。営業マンの力量に頼り切ったスタイルは、限界を迎えているように感じた。ベテラン営業マンは本当に優秀で取引先からの信頼も厚いのだが、若い営業マンにその経験や知識が伝承されていない。新しい提案をしたくても、知が共有されていなければ組織として力が発揮されない。

やり取りをする書類の数が多いのも気がかりだった。「いま会社が抱える問題が何なのか」実態がどうも見えてこない。石原は何かを変えなければいけないと感じた。

そんなとき、石原が偶然見つけたのが、あるクラウドサービスだった。

次ページ石原三樹、出会う。