北朝鮮の「ほほ笑み」外交で揺らぐ日米韓連携

平昌五輪、主役の座を奪われた安倍首相

11日に北朝鮮芸術団「三池淵管弦楽団」の公演を鑑賞する北朝鮮の金与正党第一副部長(中央)と韓国の文在寅大統領(右)、左は金永南最高人民会議常任委員長(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

平昌五輪の露骨な政治利用ともみえる北朝鮮の「ほほ笑み外交」の行き着く先を国際社会が注視している。安倍晋三首相は主要国首脳の中で唯1人五輪開会式に出席、文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領と日韓首脳会談を行った。だが、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長を開会式に送り込んだことで、五輪外交の主役の座を奪われたのは「想定外の事態」(政府筋)だった。

金一族の初訪韓は世界の耳目を集め、金委員長の名代として文大統領の早期訪朝を招請した与正氏の笑顔を、世界のマスメディアは競って報道した。韓国取り込みで日米韓連携を揺さぶろうとする北朝鮮の意図は明白だが、文大統領は南北首脳会談実現に意欲満々で、日米両政府は不信と警戒の念を強めている。

北朝鮮を支配し続ける金一族はロイヤルファミリーと呼ばれるが、今回の訪韓で初めて西側メディアに素顔をさらした与正氏の立ち居振る舞いは、訪韓団団長の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長より「格上」であることを印象付け、事実上の北朝鮮ナンバー2であることを世界にアピールした格好で、当初五輪外交の目玉とされた安倍首相訪韓は完全にかすんだ。

与正氏は北朝鮮での「南北首脳会談」を提案

与正氏の訪韓は開会式の直前に決まったとされるが、文大統領ら韓国政府は開会式への参加各国首脳との外交行事を素早く組み直し、北代表団の接遇を最優先することで南北対話進展への熱意と意欲をにじませた。

とくに、「金正恩委員長に意見具申できる唯一の人物」(外務省)とされる与正氏を「国賓待遇」で歓迎したことは、ともに開会式に乗り込んだ安倍首相とペンス米国副大統領へのけん制とみられ、「北朝鮮制裁で日米が完全に一致している『最大限の圧力』を形骸化しかねない状況」(外務省幹部)ともなった。

9日の開会式に合わせて、同日午後に金委員長の専用機で訪韓した与正氏は、空港では硬い表情を崩さなかったが、金永南団長とともに文大統領と面会した際は笑顔を振りまき、文字通りの「ほほ笑み外交」を展開した。与正氏は開会式でも文大統領の近くの席で南北選手団の同時入場に大きく手を振り、10日には南北合同チームが出場した女子アイスホッケーの試合を文大統領やバッハIOC会長と並んで観戦、美女軍団と騒がれた北朝鮮応援団の派手なパフォーマンスに拍手を送った。

さらに11日にはこれも北朝鮮が送り込んだ三池淵(サムジヨン)管弦楽団の特別公演を文大統領の隣席で観賞し、同夜に専用機で帰国した。この3日間の与正氏を中心とするメディアの報道ぶりは「平昌五輪が平壌五輪に化けた」(韓国主要紙)との印象を世界に振りまいた。

もちろん最大の外交行事は10日の文大統領と北代表団の公式会談だったが、この席で与正氏は金委員長の親書を文大統領に手渡したうえで、早期訪朝による南北首脳会談の開催を呼びかけた。文大統領は「米国との調整」などを理由に即答を避けたが、南北会談への意欲は隠さなかった。

次ページ「物足りない」が野党は追及できず
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。