東京出身者に「激しい上昇志向」がないワケ

丸山茂雄氏「東京生まれはノホホンとしてる」

丸山:そうじゃないとスタイリストにはなれないんだよ。そもそも東京っていうのはほとんどが地方から来た人で、そういう人たちは新しいモノを勉強したがる。でも、東京生まれはそんなの勉強したくないんだから。

黒川:確かに、最初から全部ありますからね。

丸山:そう、あるんだからね。

黒川:東京ネイティブですね。デジタルネイティブじゃなくて東京ネイティブ。

丸山:そうそう、ネイティブだからね。だから、俺はTHE MODS(ザ・モッズ)の森山(達也)に言ったことあるのよ。いわゆるモッズスタイルで、クサリをじゃらじゃらやってたけど、お前は九州から出てきたからそういうカッコができるんだと。佐野元春とか東京生まれのミュージシャンを見てみろ、みんな地味だぞと。東京生まれのミュージシャンは基本的に自宅から来ていて、近所のおじさんやおばさんに「あの子はなんてカッコしてるんだろう」って言われちゃうから地味なんだよ。

黒川:そういえば、そうですね。

丸山:そう、みんなね。お前みたいなカッコしてないんだよって、アハハハ。

黒川:そんなこと言ったんですか。

丸山:言った、言った。

黒川:すごいこと言いますねえ。

丸山:だから、東京生まれはそういうふうになっちゃうんだけど、でも地方生まれのよさっていうのもあるわけだから。

黒川:だからこそ生まれるものもあります。

かつて東京に出てくるっていうのは大変だった

丸山:そう、あるからね。だからロックバンドってね、当時は基本的に博多なら博多で止まってたほうが強かった。ライブハウスも「照和」とか、その地方独特のものがあった。東京も東京で流動性がなくて止まってて、80年代の頃ってそんなに行き来がなかった。せいぜい大阪の連中ぐらいで、地方から出てくるっていうのは至難の業だったんだよ。

黒川:そうでしたね。

丸山:チューリップの「心の旅」とか太田裕美の「木綿のハンカチーフ」とかが象徴的だけど、東京に出てくるっていうのは大変だったわけじゃない。そういう状況が音楽にもちゃんと反映されてたよね。でも、90年代に入ると東京に出てくるのが簡単になって、中央との文化の違いをどうやって埋めるかっていうことが詞のテーマとして成立しない時代に入ったんだよ。

黒川:みんな均質化しましたよね。

丸山:均質化して、同時に「こんちくしょう」っていう上昇志向が薄れたよね。それで、日本の音楽ってのは停滞期に入ったんだと俺は勝手に分析してるわけ(笑)。

黒川:それは僕もすごく共感します。雑誌が特にそうでしたが、情報の流通の高速化というところとシンクロしますよね。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビットコイン 天国と地獄

乱高下を繰り返すビットコイン。資産1億円を達成した「億り人」が生まれる一方、含み益が瞬間蒸発した投資家も。ブームの実態に迫る。口座開設から購入、課税までも丁寧に解説。