「貸会議室」TKPの河野貴輝氏が日本代表に

モナコで開かれる世界大会の出場権獲得

2017年11月28日、都内のホテルにてEYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2017ジャパンのアワードセレモニー&フォーラムが開催された。EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー(以下、EOY)は1986年に米国で、EYにより創設されたもので、新たな事業領域に挑戦するアントレプレナーの功績、その事業を通じて経済や社会にもたらした貢献を称える国際的な表彰プログラムだ。過去の米国大会にはアマゾンのジェフ・ベゾスやグーグルのサーゲイ・ブリン、ラリー・ペイジらもエントリーしている。

2001年からはモナコ公国モンテカルロで世界大会が開催されるようになり、各国の審査を勝ち抜いた起業家たちが国の代表として集結。”世界一の起業家”を目指して争うこのイベントは、英BBCや米CNNなど、海外主要メディアで取り上げられるほど注目度が高い。

>>>2017年の世界大会の様子はこちらから

新しいビジネスを生み出した
アントレプレナーたちを表彰

EOYの日本大会は2001年から開催され、今年で17回目となる。創業7年以内のスタートアップ企業のアントレプレナーに与えられるチャレンジング・スピリット部門、そして、一定の影響力を有し、さらなる成長が期待される企業のアントレプレナーが対象のアクセラレーティング部門の各大賞受賞者の中から、モナコの世界大会に参加する今年のEOY日本代表が選出される。

今年は、どのアントレプレナーが栄誉ある賞を受けるのか。発表を前に会場では、政官財界関係者、金融関係者ら多くの出席者の熱い眼差しが候補者たちに向けられた。

審査委員は委員長の出井伸之クオンタムリープ代表、昨年のEOYジャパン2016の日本代表である高岡本州エアウィーヴ会長兼社長、谷本有香フォーブス・ジャパン副編集長、半田宗樹三菱UFJキャピタル社長、福本拓也経済産業省経済産業政策局産業資金課長、西澤昭夫日本ベンチャー学会会長らが務めた。

まずはチャレンジング・スピリット部門のファイナリスト6人の表彰が行われた。ここでは、日本で初めて普段着のレンタルに特化したエアークローゼット社長CEOの天沼聰氏、高速ファイル転送ツールを手掛けるユニゾンシステムズ代表の今村勉也氏、流通・小売り向けの業務システムを開発するアストロ数理ホールディングス社長の日下康幸氏、産業用ドローンを開発するプロドローン社長の河野雅一氏、福祉・医療分野でロボティクスファニチャーデザインを提供するI&C代表CEOの佐田幸夫氏、フィンテック企業であるマネーフォワード社長CEOの辻庸介氏が選出された。

次ページ部門別大賞は誰の手に?
お問い合わせ