独身女子が悩む「母のために家を買うべきか」

一人親は気になるが、自分の将来も輝きたい

同居する母親は気になる。だが母のために、自分も当面住むから、と家を買ってもいいのか(写真:polkadot / PIXTA)

今回は、「独身女子がどこまで親の面倒を見るべきか」、というお話です。

「おカネと人生の相談室」にご応募いただいた中から、多くの読者の皆さんに参考になるケースを選定しました。ぜひ一緒に考えていきたいと思います。

一人になった母のために、家を買うべきか

この連載の一覧はコチラ

相談者は、東京都にお住まいの25歳の会社員、北川涼子さんです。大学卒業後、都内の百貨店に勤務。現在は母と同居中です。手取り年収は約255万円、現在資産は300万円。早速、相談内容をご紹介します。

2015年に父が亡くなり、都内で家賃10万円の2LDKのマンションに母と2人で暮らしています。家庭は自営業でしたが、父が亡くなる前には資金繰りも苦しくなり、家を売却して清算しました。母(58歳)は、専業主婦でしたが今は週4日、1日5時間のパートに出て、手取りは月10万円ほどです。「もっと仕事をすれば」といっても、「この年で8時間も働けないわ」と言い、結局、私が毎月13万円ほど生活費として支払っています。母は過去、年金保険料については未納でした。一方で母は自営業を清算したなどで、遺産として、資産を2500万円ほど保有しています。

相談は以下です。母が、家賃をずっと払い続けるのは損だから、家を買うよう勧めるのです。家があれば、将来私が結婚しても母が住む家があるので安心だし、母が死んだら家は賃貸に出せば、私の安定収入源になるとも。私は、母のために家を購入したほうがいいのでしょうか。その場合、いくらまでなら住宅ローンを組んでも大丈夫でしょうか。将来、家庭を持ったときに影響しないでしょうか。
なお、私は、転職して東京を離れる可能性があります。もし家を買っても今後住まないかもしれないのに、母のために住宅ローンを支払い続けることに疑問を感じます。また海外旅行が大好きで休職してバックパッカーをしたり、海外を拠点に仕事をしてキャリア形成を図りたい夢もあります。住宅ローンのために夢をあきらめるのは嫌です。また、母は、鹿児島出身で、実家はまだあるので、いざとなったら鹿児島に帰る選択肢もあります。

さて、皆さんはこのケースをどうお考えですか。25歳と若い涼子さんが、母親のことを心配しつつも、これからの自分の人生もあるし、どうすればいいかと悩むのはよく理解できます。ファイナンシャルプランナーとして、早速ご回答をさせていただくことにします。

次ページ涼子さんは、家を買うべきか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ネット広告の闇

世界最大の広告主・P&Gがネット広告を減らしている。トンデモサイトへの「知らぬ間出稿」でブランドを毀損したトヨタ、JAL、富士通…疑問と批判が噴出。ネット広告の問題点に迫る。