党大会「居眠り江沢民」から読む中国の近未来

元中国大使が断言「習近平の3期目はない」

習近平の3時間半にわたる演説中に居眠りをする江沢民元主席(写真:ロイター/アフロ)
5年に1度行われる中国共産党大会が10月18~24日に行われた。翌25日には、新しい最高指導部が選出され、習近平主席が党のトップの総書記に正式に再選された。メディアの報道に見られるように、2期目に入る習近平はさらなる権力集中を目指すのか? 中国はどこへ向かうのか? 中国をよく知り、『丹羽宇一郎 戦争の大問題』を上梓した元中国大使、元伊藤忠商事社長の丹羽宇一郎氏に、今回の党大会と今後の習近平体制について語ってもらった。

江沢民、胡錦濤の影響力の終焉

『丹羽宇一郎 戦争の大問題』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

5年に1度の中国共産党大会(正式には中国共産党第19回全国代表大会)が10月18日から24日まで北京で開かれた。党大会が中国の今後の針路を決める最高意思決定機関であることは、いまさら言うまでもないだろう。

ただし、今回の党大会を一言で表現するならNothing New(新しいことは何もない)だ。軍の近代化も、反腐敗運動(粛清)も、これまでにやってきたことであり、中国建国100年に当たる2049年に向かっての「社会主義の現代化強国」の建設も、新しい路線というわけではない。これまでやってきたことを、これまで以上にやるということで、特に目新しいものは何もなかった。

それでも、わずかながら注目することはあった。今回の党大会では、冒頭の習近平国家主席(共産党総書記)の3時間半に及ぶ長い演説が日本でも話題となった。ここで私が注目したのは演説の中身ではなく、演説中および演説終了後の2人の長老の態度である。

演説のあまりの長さに江沢民元主席は途中で居眠りをはじめ、胡錦濤前主席は演説終了後の習近平に向かって不満げに自分の腕時計を指さす仕草をした。2人とも、習近平がこんなに長い演説をするとは、あらかじめ知らされていなかったことが、この態度からうかがえる。

そんなことはありえない、と思われるかもしれないが、関係者に聞くと、習近平は大会冒頭の演説に関して、長老の2人には何も事前に相談をしなかったように思われる。もし、初めから長い演説をすることを知っていれば、江沢民は眠気覚ましの準備をしただろうし、胡錦濤は演説後に時計を示す必要もなかったであろう。

次ページもはや、顔色をうかがうべき相手でもない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。