iPhoneビジネス、転換の2つの理由

米国スマホ市場の成熟とアップルのトリック

新型iPhoneはカラフルなデザインが特徴の一つだ(写真:The New York Times/アフロ)
 本連載は、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン(GAFA)に関するトピックを毎週採り上げながら、米国・シリコンバレーを中心とするIT事情を定点観測的にお伝えしていく。今回はアップル。9月10日にカリフォルニア州・クパティーノの本社で行われたプレスイベントで、新型iPhoneを発表した。大方の噂や予想通りの端末の登場だったが、明確な変化が2つある。

失望の原因は、iPhone以外にある

アップルは米国西海岸9月10日に、同社のキャンパス内にあるタウンホールでiPhone 5s、iPhone 5cを発表した。みなさんはどのように受け止めただろうか。

米国ではテクノロジーのコミュニティから「驚きがなかった」という声が上がり、ウォール街の反応もネガティブ。発表からアップルの株価は6%ほど下落した。

市場には、「噂で買って、事実で売る」という言葉がある。1年前700ドル以上だった株価が7月までに390ドルで底打ちし、500ドルまで戻してきたところで、今回の発表を迎えた。チャートを見る限りでは失望売りというよりは、単なる利益確定売りと見て良いだろう。

ウォール街や中国は、値段を抑えたiPhone 5cが2年契約を前提に99ドルだったことに対して「高い」と指摘し、iPhone 5cの「c」は「チープ」(Cheap)ではなかったのかとの声も聞かれる。中国市場攻略は、アップルのシェアを大幅に伸ばす数少ない手段だったこともあり、より踏み込んだ、戦略的な低価格モデルを期待していたに違いない。

おそらく来年にはiPhone 5cが2年契約で0円になるとは思うが、アップルが単なる安物を進んで作りたがる企業でないことは衆知の通りだ。それは、iPhone 5cのポリカーボネイトのボディを触れた瞬間に、金属製で性能の高いiPhone 5sと悩むほどの質感を出していることでも分かるだろう。

またテックコミュニティの求める「驚き」の多くの成分は、iPhoneに向けられているものではないことも付け加えるべきだ。噂される「iWatch」など、これまでとは全く違う製品への期待に対して、今回はiPhoneが登場しただけだったことが原因だ。失望がiPhoneそのものに直接向けられているわけではないように思える。

次ページジョブズ時代からの勝ち方
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。