ゾンビ状態の民進党、いつまで延命するのか

両院議員総会では前原バッシングが炸裂

民進党の全国幹事会の冒頭で挨拶をする前原誠司氏(筆者撮影)

「私は去っていく人間ですので、後はしっかりと新たな代表のもとで結束をされて、そして野党のひとつの大きなプラットフォームとして繁栄してもらいたい。その気持でいっぱいです」

10月30日に開かれた民進党の両院議員総会終了後のぶら下がり。今後の民進党の体制についての思いを記者に尋ねられ、ついさきほど代表を辞任したばかりの前原誠司氏はこう述べた。前原氏は「しかるべきときに民進党に離党届を出して、希望の党に合流する」とも話した。

自分が去る政党の繁栄を祈るのもおかしな話だが、そもそも民進党に未来はあるのだろうか。その前途の多難を露呈したのが、両院議員総会前に開かれた47都道府県連の幹事長らを集めた全国幹事会。党の今後の方針を巡って紛糾し、午後1時に始まった議論は4時間にもおよんだ。

重ねて代表辞任を求める声も

全国幹事会は、27日の両院議員総会で議決した①民進党は地方組織を含めて維持する、②前原代表の辞任の意向を受け止める、③30日に両院議員総会を開いて結論を得る、の3点が報告された。

これらについて前原代表や岡田克也常任顧問が質問を受け付けたが、党の存続を前提に「希望の党や立憲民主党とどのように連携していくのか」という質問がある一方で、厳しい意見も相次いだ。すでに辞意を表明している前原氏に、重ねて代表辞任を求める声も数人から出た。それだけ地方では強い危機感や怒りがあることを示している。

次ページ「もう民進党の歴史的使命は終わった」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?