「ムダな会議」を有益に変えるためのコツ3選

美しい資料と関係者全員参加にこだわるな

もう1つのいい点は、メモに書き出すことによって、30分経った時点で文書化されているということです。終了したら、誰かが編集します。似た傾向のものを集めたり、順序づけたりします。その並べ替えたメモ用紙をコピーすれば、そのまま議論の結果がまとまった資料になるわけです。

もちろん、パソコン上でも行えます。離れた場所にいるメンバー同士でもクラウドを利用すれば可能です。たった30分で108個の、創造性に富んだ、メンバー全員の価値が連鎖されたアイデアが出るのです。会議では、発言しない人ほど優れたアイデアを持っていることも多いもの。それを黙ったまま眠らせてしまうのは、とてももったいないことです。

マネジャーが、会議の参加者を厳選せず、手間をかけた資料をメンバーに準備させ、工夫された運営手法を取り入れないで、ダラダラとメンバーを拘束して行う形式的な会議は、「ブラックな会議」だと言われても仕方がありません。

優れたマネジャーの素地は誰にでもある

優れたマネジャーに、生まれつきのセンスや才能は必要ありません。最初から優れたマネジャーはいないと思います。でも、自らの力で、誰でも優れたマネジャーになることはできます。なぜなら、リーダーシップとマネジメントの素地は誰にでもあるからです。

社会人として経験を積み重ね、「謙虚さ」「誠実さ」「勇気」をもって、自分の潜在能力を高め、主体的に学び続けることで、バランスの取れた人間になることができます。私たちは誰でも、年齢や環境にかかわらず、自分を変えることができる力を持っています。意志と実行力さえあれば、誰でも優れたマネジャーになれるはずです。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
期待のインフルワクチン<br>「埼玉株」見送りの悲劇

「埼玉株」を用いたインフルエンザワクチンは高い効果が期待されていた。しかし土壇場で不採用に。なぜ埼玉株は使用されなかったのか。ワクチン選定をめぐる激しい議論を振り返る。