衆議院選挙後のドル円相場は、どうなるのか

「安倍首相勝利=円安」の図式と米国の都合

安倍首相の「円安」効果も薄れてきた?(写真:日刊現代/アフロ)

第48回衆議院選の投開票まで約1週間となった。10月12日時点の報道によれば、新聞各社の世論調査では、衆院定数465議席のうち、自民、公明の与党で300議席に迫る勢いとのことだ。小池百合子東京都知事が新党「希望の党」を結成し、過半数の233名以上の候補者を擁立したことで、一時は選挙情勢も不透明感が高まったが、新党「立憲民主党」の結成により、新党へ向かう票が割れていることが、与党に有利に働いているとの見方が多くなってきている。ただ、突発的なニュースなどにより、何が起こるかわからないのが選挙だ。結果次第では金融市場に影響を与える可能性もあるだろう。

安倍首相の勝利=円安の構図だった

この連載の過去記事はこちら

過去の解散総選挙において、金融市場や為替相場への影響はまちまちで、特に一貫した「傾向」はみられない。ただ、ここ数年の為替相場についていえば、2012年第2次安倍内閣以降の2回の衆議院選挙では、安倍氏の勝利は円安につながっている。

2012年、民進党(当時は民主党)の野田政権から安倍政権へと政権が交代したいわゆる「近いうち解散(2012年11月16日)」では、選挙が実施された2012年12月16日以降の3カ月間で、ドル円は84円台から95円台まで上昇した。また、2014年11月21日の「アベノミクス解散」では、消費税率10%の是非が争点となったが、選挙が実施された同年12月14日から3カ月間で、ドル円は118円台から121円台まで上昇している。

次ページ選挙結果とドル円相場
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。