新生ビッグローブ、「エンタメ重視」で大勝負

格安スマホで過去の栄光を取り戻せるか

以前の丸みがかったロゴを刷新、新生ビッグローブをアピールした(撮影:風間仁一郎)

9月28日。インターネット接続事業やMVNO事業(通信会社のインフラを借りた通信サービス)などを展開するビッグローブが事業戦略説明会を開催した。

記者会見を開催するのは久々だ。同社はもともと電機大手・NECの子会社だったが、2014年に再生ファンドの産業パートナーズに売却された。それを携帯大手のKDDIが2017年に買収し、完全子会社化した。

今回の会見はKDDIが買収してから初であるばかりか、産業バートナーズに売却されて以来、初の会見である。「ファンド傘下時代は『会見を開催する費用対効果はいくらか。金額で示せ』と厳しく(詰められて)、開催したくてもできなかった」(NEC出身の久保真常務)という経緯がある。

動画や音楽配信が「無制限」のエンタメSIM

ビッグローブの通信料は音声通話付き、データ通信上限3ギガバイトの場合、月額1600円。ほかの格安スマホとさほど変わらない。また、KDDI子会社には格安スマホ「UQモバイル」を展開するUQコミュニケーションズがあり、どう住みわけていくのかという課題がある。

差別化策として打ち出した「エンタメSIM」(撮影:風間仁一郎)

そこで発表されたのが「エンタメSIM」。ビッグローブ独自の制御技術を用いたSIMカード(端末に挿入する通信に必要なカード)で「動画の再生開始が早く、画像がきれいで、途中で再生が止まらないSIM」だという。

しかも、月額480円のオプション料金を払えば、動画配信のユーチューブやアベマTV、音楽配信のApple Music、スポティファイなどの通信料が加算されなくなる(有料コンテンツは別途支払いが必要)。

NEC出身の中野雅昭常務は「ネットフリックスやhuluなど、ニーズがあればコンテンツを増やしていきたい」と意欲を見せ、KDDI出身の有泉健社長は「動画がきれいで見やすいエンタメSIMで(他社やグループ内で)差別化していきたい」と語った。

次ページ新生ビッグローブをアピール
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。