新婚で年収1000万円を捨てた夫婦の七転八起

月収3万円の落語家へ転身で迫られた劇変

トップセールスマンと結婚した妻を待ち受けていたのは意外な展開だった
毎週月曜夜7時から放送中の「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち」(TBSテレビ系)。人気番組「プロ野球戦力外通告」「プロ野球選手の妻たち」を手掛けるスタッフが、夫を支える妻の姿を通して、夫婦の愛と葛藤に迫るドキュメンタリーだ。

 

夫婦となった2人が永遠の愛を誓う結婚式。幸せの絶頂であるはずのその日に、とんでもないサプライズに見舞われた妻がいる。今夜4日のオンエアに登場する主役妻の宮明日香さん(42)だ。

明日香さんが後の夫、利之さんと出会ったのは28歳のとき。この頃、明日香さんは舞台女優として活動しながらも、生活費を稼ぐため、銀座のクラブでホステスのアルバイトをしていた。

利之さんは大手化粧品会社のセールスマン。業績は社内1位で年収は軽く1000万円を超えていた。

「皆にすぐおごっちゃったり気前も良いし、この人と結婚したら幸せだなって」(明日香さん)

披露宴で飛び出した夫の「会社辞めます」宣言

そう考えた明日香さんは、舞台女優の道をあきらめ、利之さんと2007年に結婚する。その披露宴には250人もの参列者が集い、華やかなムードに包まれた。そんな中での新郎スピーチ。同僚や親族を前に夫の口から驚きの言葉が飛び出した。

夫・利之さんは関係者250人を前に披露宴の場で「会社を辞める」と言い出した

「とりあえず来年から(会社辞めて)別のことをやるかもしれないので。すみませんが宜しくお願いします」(利之さん)

「えっ?」(明日香さん)

まさかの「会社辞めます」宣言。新婦・明日香さんにとっても、寝耳に水の出来事だった。

実は利之さんはセールスマン時代、接客用のトーク術を学ぶため、YouTubeであるものを見まくっていた。それは落語。やがてその魅力に取り憑かれ「落語家になりたい」という思いが抑えられない状態になっていた。披露宴から数週間後。利之さんは本当に会社を辞めてしまった。

次ページ夫を翻意させる余地はなかったのか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。