地方から日本経済を活性化するシステム建築

建設市場をデファクトスタンダード化

建築業界では、需要が拡大する一方で、人手不足などの問題が深刻化している。今、その課題を解決する大きな潮流として注目されているのが、工場・倉庫建築の「システム建築」だ。高品質な建物が短工期、低コストで建てられるとして、施工実績が急増。すでに、各地でデファクトスタンダード(事実上の標準)になりつつあるのだ。中でもシェアを拡大しているのが「yess建築」だ。地域の建設会社と協働したきめ細かな対応にも定評がある。

全国の施主から問い合わせが急増

地方のとある中堅建設会社の社長が次のように語る。「昨年あたりから、『おたくはシステム建築を扱っているか』という問い合わせが増えてきました。そう言われてみれば、自分の会社の周りにも、システム建築で建てられた工場や倉庫が増えている。これはまずいと調べたら、横河システム建築の『yess建築』にたどり着いて、すぐに販売・施工代理店として加盟しました」

「yess建築(Yokogawa Engineered Structure System:イエス建築)」は、横河システム建築が開発・提供しているシステム建築のブランドである。システム建築は、鉄骨、屋根、外壁、建具などの部材を標準化することにより高品質の建物が短工期、低コストで建築できるのが大きな特長だ。部材の標準化といっても、設計の自由度は高い。「yess建築」なら1ミリピッチで、スパン、間柱、桁行(建物の長さ)、軒高などを設定でき、要望に応じてクレーンの設置なども可能だ。これらに加え、同社は独自の技術により徹底的な軽量化と大空間建築を実現している。日本で唯一、システム建築の専用工場を有していることも、高品質、短工期への対応を可能にする要因の一つである。

画像を拡大A 大友運送株式会社 神戸営業所倉庫棟(兵庫県神戸市)
B 株式会社ジェイ・ケイ・リアルタイム本社社屋(福島県いわき市)
C 御殿場高原 時之栖 体育館(静岡県御殿場市)
D Family wall福岡(福岡県福岡市)
E Fresh Foods Market FREIN 下郡店(大分県大分市)
F 長門市 新リサイクル施設(山口県長門市)

用途は工場・倉庫のほか、事務所・店舗・スポーツ施設・最終処分場など多様である。

「全国着工面積に対する当社のシェアも着実に伸びています。見積件数も昨年比で30%増となっています。特に地域の元気な企業など施主様の関心が高くなっています。各地で、システム建築が『デファクトスタンダード(事実上の標準)』になりつつある手応えを感じています」と大島氏は話す。

世界同時不況以降、全国の着工面積は伸びているが、それを上回る割合で実績を伸ばしている。2017年度には「yess建築」の受注面積は過去最高に達成する見込み。

激化する競争の中で合理性を追求

システム建築が急速に普及しているのにはどのような理由があるのだろうか。

「大きな要因の一つとして、地域の建設会社と、施主となる企業の関係が変化していることが挙げられます」

次ページ企業の世代交代に伴ってシステム建築への注目が高まる
お問い合わせ
横河システム建築