「フランスの超天才」が見通す2030年の産業

ジャック・アタリ氏「共有経済は今の30倍に」

ジャック・アタリ氏は「市場経済では利他主義が合理的になる」と予測しています(写真:Graphs / PIXTA)
フランスナンバーワンのエリート校、フランス国立行政学院(ENA)を卒業し、38歳にして故フランソワ・ミッテラン大統領の補佐官を務め、欧州復興開発銀行の初代総裁などを歴任したジャック・アタリ氏。米ドナルド・トランプ大統領の誕生を予言し、仏エマニュエル・マクロン大統領を政界に導いた人物でもある。
世界の情勢が混迷を深める中、私たちはテクノロジーの進化や政治、経済の変化に対して、どのように対応して生きていけばいいのか。
「『フランスの超天才』が予測する2030年の世界」(8月20日配信)、「『フランスの超天才』が予見する2030年の生活」(9月1日配信)に続いて、アタリ氏の近著『2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!』から、大胆かつ緻密に2030年の世界の姿を予測する。

生産される自動車の大半は、自動運転車に

自動車

今から2030年までに、キロワット時当たり150ドルのバッテリーが開発されるため、ハイブリッド車が急速に普及する。

リチウム・空気電池(この電池は2050年ごろまでに実用化が期待される。この電池のエネルギー密度は現在のリチウム電池の6倍)により、電気自動車の航続距離は従来の内燃機関車と同程度(一回の充電で600キロメートル以上)になるだろう。

一方、遺伝子を組み換えたウイルスを利用して陰極をより効率的に洗浄することで、バッテリーの駆動時間をさらに向上させることができる。

電気自動車の使用済みのバッテリーは、データセンターや一般家庭でのエネルギー供給のためにリサイクルされる。

最寄りの自動車ショールームでは、3D映像で確認しながらマイカーのモジュール生産が可能になる。

2030年に生産される自動車の大半は自動運転車だろう。自動運転車は、自動運転やIoT経由のインターネット接続のため、光電子工学のセンサーや人工知能が搭載される。

自動車のオンデマンド利用や共有、個人間でのレンタカーが当たり前になる。したがって、自動車の生産台数は減り、自動車の稼働率は急増する。

次ページ空の旅はどう変わる?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。