アップル新本社「宇宙船」は非常識の塊だった

敷地内には果樹園・牧草地・池まである

アップルの新本社、通称「宇宙船」は、50億ドルかけてつくられた、4階建て、26万平方メートルの円形の建物だ(Laura Morton/The New York Times)

宇宙船がやってきてから、街は変わった。

観光客が歩き回り、iPhoneを取り出しては写真を撮る。新しい店も開いた。不動産価格はどんどん値上がりしている――。

カリフォルニア州クパチーノにアップルの新しい本社ができたのだ。その中心となっているのは、50億ドルかけてつくられた、4階建て、26万平方メートルの円形の建物だ。それは宇宙からも見えるほどで、地元の人々は「宇宙船」と呼んでいる。現在、最後の仕上げをしている段階だが、従業員も少しずつ移ってき始めた。数カ月のうちに、合計で約1万2000人が移動してくる予定だ。本社の敷地は全体で約71万平方メートルで、公式には「アップルパーク」と呼ばれる。

周囲の街もアップル効果を期待

周辺地域はすでに影響を受け始めた。

通りを1本挟んだサニーベールでは、95件の開発プロジェクトが計画段階にある。市政管理官のディアンナ・J・サンタナは、今までにこれほど開発が活発だったことはなかったと話す。クパチーノでは複合施設の「メインストリート・クパチーノ」が2016年に開業した。この敷地内には、今秋オープン予定の120戸の「ロフト」と呼ばれる集合住宅や、ショップや、数えきれないほどのレストランやカフェなどが設けられている。

ほかの地元企業も期待を膨らませている。メインストリート・クパチーノ内のホテル「レジデンス・イン」は今年9月に開業予定で、アップル従業員のニーズに合わせて、ホテルをカスタマイズしている。同ホテルを運営するサンドヒル・ホテル・マネジメントのパートナー、マーク・リンによると、宿泊客はMacや高速インターネット接続を利用できるという。リンはアップルの従業員が宿泊する場合、何が必要かをアップルに相談した。

「彼らのニーズにぴったりと合わせている」とリンは言う。「宿泊客のかなりの部分が、アップルの従業員になるだろうから」

次ページドローンで写真を撮る人も
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。