「ホウレンソウ」は、人の成長の芽を摘む

松井忠三・良品計画会長に聞く

 「決まったことを、決まったとおり、キチンとやる」だけで生産性は3倍になるという。13分冊、計1994ページの店舗マニュアル(MUJIGRAM(ムジグラム))の秘密を公開した。

 

──無印良品では新人でもマネキンのコーディネートができるのですか。

MUJIGRAMでたった1ページの中にポイントを絞り込んでいる。「シルエットを△形か▽形にする」「使う服の色は3色以内」。基本はこの2点だけだ。極端にいえば、新入社員でもMUJIGRAMを参照してディスプレーができる。

──「無印らしさ」はこの標準化の賜物ですか。

自分自身がこれまでいろいろな問題に直面してきて、その問題をどうやって解決してきたかの集大成になっている。マニュアルづくりの必要性は、営業本部長として新規開店に立ち会って痛感した。でき上がった売り場をほかの店の店長たちが次々と直しに来る。それぞれの勘と経験に基づいて。それなら、そのトップ層の経験と勘を共有化して、レベルアップしていく文化にしたらいいと考えた。それには統一された目標と方法が必要になり、それがMUJIGRAMになった。

──参考にした会社があったようですね。

しまむらを参考にした。ただ、それはしまむら自身の文化と風土の中で作られたマニュアルだから、それをそのまま持ってきても役に立たない。稚拙でもいいから自分たち向けに作り直す。作り直すには、全社の知恵の共有が必要であり、かつ世の中や仕事のやり方の変化に合わせ、マニュアルはほぼ毎日変えないといけない。毎日変えて、血の通ったものにして、その直近のやり方をMUJIGRAMとして、みんなが参照する。

──マニュアルというと、悪しきイメージがあります。

MUJIGRAMと、社内公募して命名したのは、その辺を意識したからだ。いわゆるマニュアルを超えたものにしないと本物とはいえない。本来は仕事をきちんと標準化、見える化して、最新のニーズに基づいて更新し、レベルアップさせていくためのものだ。こういう仕組みとしてMUJIGRAMを位置づけている。そうすると、社員一人ひとりのレベルが上がるだけでなく、個人だけに属さないので、会社として成長するための仕組みになってくれる。

次ページ日本のホワイトカラーは生産性が低い
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。