8Kの先頭に立つシャープの技術力のスゴさ

「超高精細」「超臨場感」の世界がやって来る

『Realism, more real. by 8K Technology』
超高精細な次世代液晶「8K」。今まで映すことができなかった映像の細部、さらに立体感や空気感さえも映し出す…。8K映像は、もう「美しさ」という単位では語れない。それ以上の、目には映らない「何か」も感じることができる未来の液晶技術。そんな「8K映像が伝えるべきもの」をテーマにしたストーリー

2018年の放送開始に向け8Kディスプレイを先行投入

来年2018年12月より、8Kの実用放送が始まる。また総務省の資料によれば“目指す姿”として、2020年からは本格的に8K放送も普及し、多くの視聴者が市販テレビで8K番組を楽しめる時代がやってくる、とされている。

そうした中、シャープが今年6月30日から8Kモニターの販売を開始した。同社はこれまで2011年に世界で初めて8Kディスプレイを開発、15年には「85型8Kモニター」を販売してきたが、今回、「70型8Kモニター」を追加投入する。

今年6月30日に発売されたシャープの「70型8Kモニター」。その超高精細・超臨場感は、ぜひ一度体験していただきたい

この8Kビジネスを指揮するシャープのディスプレイデバイスカンパニー デジタル情報家電事業本部 国内事業部の事業部長である宗俊昭広氏は次のように語る。

ディスプレイデバイスカンパニー
デジタル情報家電事業本部
国内事業部 事業部長

宗俊 昭広

「もともとテレビのブラウン管はガラスでつくったデバイスで、大きさにも制限がありました。しかし、我々はダイナミックな映像を視聴者にもっと楽しんでほしいと、他社に先駆けて大型化と高精細化の技術を家庭向けテレビに取り入れてきました。いわば、液晶ディスプレイの技術の進化をテレビに先取りするようなかたちで革新を続けてきたのです。そうした長年の成果のうえに生まれたのが、この8Kディスプレイなのです」

8K放送の大きな特徴は3つある。1つは、現在のハイビジョン(2K)の16倍の画素数で構成された高精細映像で、画素数の粗さが気にならず、視野も広がり、圧倒的な臨場感を楽しむことができることだ。2つめは、HDR(ハイダイナミックレンジ)という映像が本来持っている明るさや色、コントラストを表現できる技術に対応することで、肉眼で見る感覚により近い映像を番組で観ることができるようになったこと。そして、3つめは、映像の各シーンにマッチした臨場感を味わえるサラウンド音声を上下方向だけでなく、左右・後ろからも楽しめる22.2ch対応だ。

次ページ「8Kの次は16K?」というわけではない
資料請求
お問い合わせ