ロールス・ロイスの真価問う14億円の高級車

顧客の要望に応じて1台を手作り

クルマの価値というものは年月と共に償却していくものではなく、逆に価値が上がる可能性を秘めたもの、不確定要素によって紙切れになる可能性をも持った株式投資よりも安全で、かつ絵画やアンティーク家具よりも価値の上昇が期待できるという見立てが行われ始めた。生産量が極めて少ない高価なクルマには将来、高い付加価値が付く可能性があると考えられ、投資案件の1つとも捉えられることになった。

ブランディング確立の三要素とは

私自身が考えるこれはブランディング確立の三要素、つまり、“独自性=希少性”、”持続性=企業としての歴史”、“伝説(ストーリー)=モデル誕生の神話や著名オーナーによる過去の所有”という要素を満たしている。もちろん、そういった自動車のレベルを超えた高額を支払うことのできる顧客を生み出す現在の経済状況があってのことではあるが。

ロールス・ロイスの業績も上々だ。2016年の全世界の販売台数は4011台と、創業113年で2番目の記録を達成し、顧客からのニーズに合わせてカスタマイズを行うビスポーク部門は過去最高を記録したという。今回のスウェプテイルの投入を武器にこのカテゴリーの売り上げも大きく拡大するのであろう。

ロールス・ロイスは「フェラーリの限定車が発表前に完売した理由」(2016年7月23日配信)で紹介したようなフェラーリが行って来た、フューオフ(数台限定)カー、及びワンオフカービジネスの動向をよく研究しながら、的確なタイミングで今回のコーチビルド・モデルを世に出して来たワケだ。ワンオフカーの王者たるロールス・ロイスの真価が試されている。

(写真:筆者提供)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?