「住みよさランキング2017」関東・東北編

関東は千葉や茨城の都市が強い

千葉・印西に続く関東2位は茨城・守谷。つくばエクスプレスの開通で都心へのアクセスが便利になっている(写真:yoshihiro / PIXTA)

全国の都市を対象にした東洋経済の「住みよさランキング」。今年も最新結果を「最新!『住みよさランキング2017』トップ50」(6月20日配信)でまとめたが、地域ブロック別でもみてみよう。今回は「北海道・東北、関東編」をお届けする。

「関東」は1位印西、2位守谷、3位つくば

「関東」ブロックのトップは、全国1位の印西市(千葉)。2位は守谷市(茨城)、3位はつくば市(茨城)だった。

2位の守谷市は、茨城県南部に位置し、千葉県と利根川を挟んで隣接している。人口は約6.4万人(2015年国勢調査)。東京都心からの距離は約35km。つくばエクスプレスの沿線都市でここ数年は、人口・世帯数ともに増加し続けており、若い世代の住民が多いのが特徴だ。「利便度」が全国18位、「快適度」が全国25位、「富裕度」が全国65位で、この3部門が寄与している。

3位のつくば市は、茨城県の南西部に位置し、東京都心から約50kmの距離。人口は約22.7万人(2015年国勢調査)。茨城県内では水戸市に次いで人口が多い。学術・研究都市として知られ、官民の研究機関が集積。守谷市同様、つくばエクスプレスの沿線都市で人口・世帯数ともに増加し続けている。また、大型商業施設も相次いで進出している。「利便度」が全国36位、「快適度」が全国21位、「富裕度」が全国45位で、この3部門が寄与している。

『都市データパック2017年版』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。データ版はこちら

「関東」ブロックでは、1位の印西市(千葉)から4位の成田市(千葉)までが昨年と変わっていない。5位以下では、かすみがうら市(茨城)が昨年12位から6位に、立川市(東京)が昨年29位から9位に上昇してトップ10に入った。かすみがうら市は介護施設の定員増加による「安心度」、大型商業施設の開業による「利便度」の順位の上昇が寄与した。

立川市は大型商業施設の開業による「利便度」の順位の上昇と新設住宅着工戸数の増加による「快適度」の順位の上昇が寄与した。各都県のトップは、茨城がブロック内2位の守谷市(全国10位)、栃木が22位の宇都宮市(全国104位)、群馬が10位の太田市(全国64位)、埼玉が26位の東松山市(全国113位)、千葉が1位の印西市(全国1位)、東京が8位の武蔵野市(全国56位)、神奈川が12位の逗子市(全国73位)であった。

次ページ関東と北海道・東北の詳細ランキングを紹介
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
サウジで要人大量逮捕<br>背景に皇太子の危機感

日本の最大の原油輸入相手国、サウジアラビアで政変が起きた。現国王の息子であるムハンマド皇太子が主導し、王族や実業家などを含む200人以上の要人を逮捕。日本への影響は?