快進撃!「auスマートパス」の“仕掛け”

KDDIの有料スマホサービス、700万会員を突破

開始からわずか1年4カ月で会員数が700万を突破し、業界屈指のメガサービスに成長したKDDIの「auスマートパス」。月額390円で500以上のアプリが取り放題、独自コンテンツも使いたい放題となるサービスだ。従来型の携帯電話からスマホへ乗り換えが進む中、「スマホを買ったけれど、何をすればいいのかわからない」というユーザーは多い。スマートパスはこうしたユーザーがよりスマホを活用できるよう、さまざまなコンテンツを加えてきた。
今年度も、雑誌や映画などのコンテンツを拡充。アップル製品向けにもサービスも広げ、故障した場合の修理代金のサポートを加えた。コンテンツが少ないことから、アップル向けのみ無料で提供してきたが、5月1日には有料化に踏み切った。
ただ、その後も会員数は落ちることなく順調に伸びている。サービス収支をみても、前期はコンテンツ拡充のための費用が先行し赤字となったが、今期は4~6月期ですでに黒字化を達成。数多くの無料サービスが転がる中、KDDIには、どんな“仕掛け”があるのか。生みの親でauスマートパスの推進部長を務める繁田光平氏に聞いた。

無料サービスにないものを、どれだけつくれるかが勝負

――auスマートパスは7月に会員数が700万人を突破しました。サービス開始からわずか1年4カ月です。

ほぼ予想通りのスピードです。当初から、KDDIとして「より多くのユーザーに使ってもらうためのベースのサービスを作っていこう」「店頭でもユーザーにしっかりプッシュしていこう」という方針でした。今年度末に1000万会員を目標にしていますが、サービスの構想時から1000万を目指す考えはありました。

他社サービスとの大きな違いは、毎月390円を頂く有料サービスだということです。私達はこの原資を使って企画を立ち上げ、コンテンツを提供していきます。無料サービスには存在しないものをどれだけ作っていけるかが勝負になります。

たとえば、6月に「ぴあ」と連携しチケット先行予約などをやってきました。この場合、われわれが先行でチケットを購入し、バックステージパスなどさまざまな特典をつけて会員に限定販売します。最終的にはおカネを回収しますが、原資がなければこうしたモデルは難しい。とにかく、サイトをのぞけば、いつでもおトクなサービスがあり、たくさんのメリットが飛び込んでくるようにする。その集合体がスマートパスのイメージです。

次ページアップル向け製品の有料化は成功?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。