あなたが知らない春夏ジャケットの最新進化

今年こそノーネクタイでカッコよく決めよう

これからの季節のジャケットはどう選べばいいでしょうか(写真 : freeangle / PIXTA)

近年、春夏ジャケットのバリエーションが増えていることにお気づきでしょうか? 百貨店・セレクトショップのみならず、ツー・プライス・スーツ量販店からユニクロまで幅広い販売チャネルで「機能性ジャケット」を見掛けます。

私は、プロの目線でユニクロもカッコよく!をモットーに、延べ4000人に近いビジネスマンの買い物に同行してきました。そんな私からは、繊維メーカーの躍進によって「クールビズの定番」が変化しているように見えます。

機能性ジャケットとは、繊維メーカーが独自技術で開発した冷感・温度調整機能がある生地でつくられた服。これまでシャツ仕立ての綿・麻サマージャケットはありましたが、ここ数年、スポーツウエアのような機能性ジャケットが目を見張る勢いで普及しています。

2011年が転機か? サマージャケット需要と実力

インビスタ社クールマックス素材のサマージャケット

これまでインビスタ社のクールマックス、東レのクールアベニュー、エバレットなど繊維メーカー各社の機能性生地は、SHIPS、三陽商会、THE SUIT COMPANYなどさまざまな販売チャネルでスラックス、シャツを中心に扱われていました。

そもそもクールビズが始まった2004年、機能性ジャケットというカテゴリはなく、当時のサマージャケットはニット織りでカジュアル感が強いタイプ、もしくは伸縮性が感じられないシワが付きやすい麻生地だったため、ビジネスマンの普段使いに向いていなかったのです。

次ページ2011年からサマージャケットの潮目が変わった
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。