マクドナルド、今度はアイスデザートで攻勢

外食各社、“コーヒー戦争、夏の陣”が勃発

マクドナルドの新商品発表会には、荒川静香(写真右)と本田望結(同中央)も駆けつけた

夏に新商品攻勢をかける日本マクドナルド。史上最高価格のクォーターパウンダー、1日限定の高級ハンバーガー、サルサソースの効いた辛めのハンバーガーに続き、今度は冷たいデザートを大量に投入する。

7月24日から全国のマクドナルド(一部を除く)で期間限定販売を行うのはフレーバーシロップを炭酸水で割った「マックフィズ」とその上にソフトクリームを乗せた「マックフロート」の新商品だ(写真)。それぞれマンゴーやメロン、ブルーベリーといった3つのシロップをそろえ、全部で6種類を新たに販売する。

冷たいデザートが8種類

7月24日に販売を開始するマックフロートの3商品

マクドナルドは6月下旬からコーヒーとコーラのマックフロートを販売しており、今回の新商品も含め8種類の冷たいデザートがそろう。クォーターパウンダーの新商品に続き、このデザートでも攻勢をかけることになる。マクドナルドではこうした新商品攻勢はここ数年なかった動きであり、反転攻勢の大掛かりなマーケティングキャンペーンといえそうだ。

7月23日の商品発表会で会見した日本マクドナルドの原田泳幸会長兼社長は、「(クォーターパウンダーBLTなど)BITEキャンペーンは好調。今回の冷たいデザートは客数を増やすための大事な商品だ」と狙いを説明する。

次ページ強化したいスナックタイム
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。