革新的!話題の最新炊飯器を比較してみた

バーミキュラとバルミューダに注目

今話題の炊飯器をご紹介します
家電なんてどれも同じでしょ、なんて思っている人、多いかもしれません。確かに基本性能が似たものが増え、大きな変化は少なくなりました。しかし、そんななか、常識を覆す、革新的機能を備えた家電が続々と登場しています。それらを「プログレ家電」と名づけ、気鋭のモデルをピックアップ。ご紹介します。

独自の技術で米の美味しさを追求した炊飯器の新潮流!

「プログレ家電」のなかでも特に注目すべきは、なんといっても炊飯器。今、炊飯器に新しい潮流が訪れています。それを最初に形にしたのが、国産鍋ブランドとして多くのファンを持つ、バーミキュラです。

昨年12月に発売開始した、鋳物ホーロー鍋とポットヒーターを組み合わせた『バーミキュラ ライスポット』は、炊飯器なのにあえて保温機能は搭載せず、ガス炊きと同等の美味しさを実現しました。炊飯モードのほか、調理モードを搭載し、無水調理鍋としても使用できます。

また、トースターで大ブームを起こしたバルミューダも同社初となる炊飯器を発表し、炊飯器市場に参入。独自の蒸し炊き方式を採用することで、一般的な炊飯器とは異なる食感を実現しました。そこで、今最も話題の2大炊飯器、「バーミキュラ」と「バルミューダ」の炊飯機能を徹底比較してみました。

次ページ「バーミキュラ」&「バルミューダ」で食卓が変わる!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
疑われる日本<br>安保と原発

日本が抱える再処理プルトニウムは48トン。原子爆弾6000発分に相当する量だ。これに中国、韓国が疑念を抱き、東アジアで核兵器原料の増産競争が勃発するおそれも出てきた。