『an・an』流、女子の"気分"のとらえ方

売れるも売れないも”僅差”だった!

女子のバイブルは、移り気な女子の気分をいかにしてつかんでいるのか?(写真は熊井昌広編集長)
恋愛、占い、ダイエット……。いつの世も、“肉食系女子”のバイブルであり続ける『an・an』。かつては「アンノン族」と呼ばれる女子たちを生みだし、旅行ブームを巻き起こした同誌だが、時代と共に、その作り方は刻々と変化している。『an・an』がとらえる現代の女子像とは?この女子たちの「買いたい」をつかむ方法とは?熊井昌広編集長に聞いた。

――『an・an』は、いつもグラビアが特徴的ですよね。あまり見たことのない俳優さんの表情だったり、アングルだったり。ニヤニヤしながら見てしまうのですが(笑)、どんなところにこだわって撮影されているのでしょう。

それはもう、すごくこだわって作っていますよ。とにかく、女性の「妄想」に応えるということが大事だと思っています(笑)。たとえば、向井理さんのグラビアであれば、“向井さんと恋人である自分”にしか見られない目線で撮ろうと思っているんですよ。

向井さんのグラビアなんて、ネットでググれば何千枚と出てきます。しかも無料で。そんな中で、450円の雑誌を買ってもらうためには、ネットよりもっともっと上を行かなければならない。つまり、どれだけファンの妄想をかなえてあげられるかが重要なんです。

――なるほど。向井さんと自宅で2人きりで……みたいな、よりリアルな感じですね。

そうそう、隣で寝ころんでいると。水を飲もうかと自分が起き上がったときに、不意に目が合う、たとえばそういう瞬間の表情ですよ。2人だけで、至近距離にいるときにしか見られない横顔とか、鎖骨とか。グラビアだからって、ただ裸になりゃいいってもんじゃないんです(笑)。

テレビ誌のように、風船で背景を飾ったりしてポップに撮るのも、それはそれでいいんです。でも、『an・an』の読者の願望はそこにはない。ファンは、向井さんと2人きりでいたいわけです。カメラマンにはいつも、「今日は恋人の女性の目線でよろしくね」と声を掛けていますね。

”僅差”をとらえられるか、どうか

――そこまでのこだわりを、読者はどうとらえているのでしょうか。

本当に細かいところまで、よく見ていただいていますよ。「唇にかかっている指がいい」とか、「このときの、無防備な目の表情がいい」とか、ディテールにすごく注目してくださっていて。結局、読者に届くものになるかどうかは、“僅差”なんですね。それを積み重ねられれば、読者の願望をかなえられると、僕は思っています。

次ページターゲティングは、細かく、細かく
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。