スタッフサービス

無期雇用派遣サービス「ミラエール」とは

若年層が活躍する事務職派遣の新たなカタチ

「人が足りない」。そう悩む企業が、いま増えている。実際、売り手市場と言われるほど人手不足が顕在化しており、いかに良い人材を獲得するかが、企業の成長を左右する喫緊の課題となっているのだ。こうした中、人材総合サービスを手掛けるスタッフサービスの無期雇用派遣サービスが注目を集めている。同社が派遣スタッフを無期雇用したうえで研修・育成を行い、人材市場で不足している若年層を安定的に確保したい企業と、事務職へのキャリアアップを目指す派遣スタッフのニーズを結び付けている。それは慢性的に人手不足に悩む企業の人材戦略の一つとして定着しつつある。

約1000社が利用、人手不足解消と若年層支援を両立

いま、スタッフサービスが手掛ける事務職の無期雇用派遣サービス「ミラエール」が、多くの企業から注目を集めている。事実、サービス開始から2年半で約1000社が利用し、2600人超を派遣するサービスへと成長を遂げている。

この「ミラエール」の特徴は、従来の登録型派遣と違い、スタッフサービスが社員として無期雇用で採用した人材を企業に派遣する点にある。そのため、年間を通していつでも事務職を派遣でき、企業は期間制限を気にすることなく活用できるというメリットがある。その結果、慢性的な人手不足状態にある企業の新たな人材戦略として、多くの顧客から支持されているのだ。

当事業を統括するスタッフサービス執行役員東京オフィス事業本部本部長の平井真氏は、「ミラエール」が生まれた理由を次のように話す。

スタッフサービス
執行役員
東京オフィス事業本部 本部長
平井 真

「若年層の雇用課題について、まず業界として何かお役に立つことができないかという問題意識がありました。たとえば、新卒の3年以内の退職率の問題、さらに言えば、女性の初めての就職についても、5人に2人が非正規雇用であり、一度非正規雇用で採用されると、正規雇用に戻りにくいという状況にあります。とりわけ20代の女性は、当初は憧れを持ってサービス業などに就職するのですが、ワークライフバランスに悩み、事務職に転職したいと願う人たちは多いのです。しかし、実際にサービス業しか経験のない女性が事務職に転職しようとしても、未経験が採用の大きな壁となっていたのです。この問題を解決しようとして生まれたのが『ミラエール』です」

こうした事務職で正社員を目指す若年層の「将来を支援したい」「未来にエールを」という「ミラエール」の理念に共感を持って利用する企業も少なくない。だが、何より評価されているのは、その人材の質にある。

技術者派遣のノウハウを活用して人材を育成

スタッフサービスは現在、リクルートグループの一角を占め、全国47都道府県に「事務職」「技術者」「ITエンジニア」「介護・看護・医療事務」「製造業務」といった5つの事業領域で人材派遣、人材紹介、業務請負を展開する人材総合サービスを手掛けている。メーカーの設計・研究開発職など「技術者」の無期雇用派遣で10年以上かけて蓄積したノウハウを生かすことで、事務職の無期雇用派遣サービスの実現に成功した。

次ページ成長意欲のある若年層が企業の成長に貢献
関連ページ
お問い合わせ
株式会社スタッフサービス・ホールディングス
〒101‐0022
東京都千代田区神田練塀町85
JEBL秋葉原スクエア 
https://www.staffservice.co.jp/contact/contact.php?t=01