女子高生のiPhoneはなぜ割れたままなのか

「かわいい」に敏感な彼女たちだが…

一方、100円ショップのiPhoneケースにしている女子高生もいます。実は100円ショップのiPhoneケースにもさまざまなデザインがあるのです。100円ショップ「ザ・ダイソー」はプリントシール機の製造販売をしているフリューのプロデュースによる「ガールズトレンド研究所」というブランドでiPhoneケースを販売しています。手帳型のケースは200円でしたが、通常のiPhoneケースは100円で購入できます。それ以外にも、イラスト入りのデザインやもこもこの毛がついているものなど、高くても300円程度でキュートなケースが手に入ります。

また、390円ですべての商品が買える「サンキューマート」、本と雑貨が一緒に陳列されている「ヴィレッジヴァンガード」など、中高生に人気のショップでもiPhoneケースが鈴なりになって売られています。これらの店ではクリエーターによるデザインなど、個性的なケースを買うことができます

スマホケースの購入頻度は、限られたお小遣いの中で購入するため人それぞれですが、数カ月に1回程度買い替える人が多いようです。

iPhoneをしっかりケースで守っても、落とす機会が多いので割れてしまう――。ではなぜ、割れたままにしているのでしょうか。

話を聞いた女子高生は「直すおカネがあったらほかに使いたい」と言っていました。iPhoneの画面が割れたとき、 AppleCare+など保証の有無や機種、破損の度合いにもよりますが、3400~3万4800円の修理代金がかかります。iPhone本体の代金を親に出してもらった人でも、「壊した責任として自分で修理代金を払いなさい」と言われるシーンが容易に目に浮かびます。画面が割れていてもLINEはできるし、自撮りもできるし、となったら、修理は後回しにしてコスメや雑貨などを買いたいのです。

「どうせまた落とすし」

画面が割れている女子高生のiPhone(筆者撮影)

また、修理に行く時間や手間を惜しむ人もいます。女子高生は学校、部活、アルバイト、塾など、スケジュールがびっしり埋まっている場合が多いのです。店舗が開いている時間帯に「Genius Bar」やApple正規サービスプロバイダ、特定のキャリアショップに持ち込むとなると、つい先延ばしになってしまいます。数時間で修理が完了する場合もありますが、損傷が激しい場合は1週間程度、iPhoneを預けることになります。

1週間もiPhoneがないなんて、女子高生にとっては考えられない事態です。代替機を借りられるケースもありますが、必ずしも自分のスマホと同じ機種とはかぎりません。Twitterでは、代替機にLINEを設定するときにトーク履歴が消えてしまって、悲しみにくれる人たちの声が見られます。

「どうせまた落とすし」と言っている女子高生もいました。確かに、きれいに直してもまた落とす可能性は非常に高いのです。とはいえ、画面が割れてしまったら、破損がひどくならないうちに修理することをおすすめします。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
アマゾン膨張<br>追い詰められる日本企業

国内売り上げが1.2兆円に達したアマゾン。新サービスが続々と提供される一方で、物流、出版…その膨張ぶりを受け止めきれない企業も多い。敵か、味方か。その戦略の全貌に迫る。