34歳「子なしセレブ専業主婦」、ホンネ炸裂!

東京カレンダー「新・婚活事情」<7>

せっかくなので、一ついいことを教えてあげます。

女性でも男性でも、自分の人生が充実していて、仕事もプライベートも上手く行っている人は、わざわざヒマな専業主婦を攻撃なんてしません。

そう、だから、専業主婦を批判したり攻撃したりする人たちって、結局、楽に優雅に暮らしている私たちの身分が、羨ましいだけなんですよ。そういう人種こそ、「仕事しか取柄がなくて必死なBランク女」や、「低収入で妻を養うキャパのない男」、いわば、中途半端な市場価値に位置する人たちなんですよね。

あ、社会的にかなり成功していても、それと引き換えに時間や人間関係が崩壊してる人も、私たちの存在に苛立つようです。楽して甘い蜜を吸える専業主婦をコキ下ろさない限りは、日々やってられないんでしょうね(笑)。私は、別に誰に迷惑をかけているわけでもないので、そんな人たちの、批判や妬みは全く気にしません。

ちなみに、当然夫は私に不満は持っていないし、夫婦生活も円満です。そう言うと、「知らないだけで、旦那は外で浮気してる」とか言い出す方が必ずいるんですけど、もう結婚10年ですからね、私が専業主婦であるか否かに関わらず、そういうことがある時は、あるものでしょう?

とにかく理由をつけて、専業主婦を叩きたい方は大勢いて、もう、呆れて笑っちゃいますよ。

好きで選んだ人生、他人に口出しされる筋合いはない

私は、仕事に生きるも、子育てに精を出すも、楽に自由な生活を送るも、結局、個人それぞれが好きで選んでいるライフスタイルだと思うんです。それなのに、他人の選択した人生に口出しする必要なんて、あるのでしょうか。もしかしたら、「ウチは私が働かないと、そもそも生活費が賄えない。選択肢なんてない」なんて言う女性もいるかも知れませんが、でも、そんなご主人を選んだのは、結局ご自分でしょう?と、言ってあげたいですね。

私はわざわざ苦労して働きたくなんてないし、自分なりに時間にもお金にも余裕のある生活を楽しんでいます。誰に邪魔されるでもなく、唯一気分を左右されるとしたら、お天気が悪くて外出できなくなってしまうことくらい。そんな、セミリタイアみたいな自由で気楽な人生を、とても気に入っています。

もちろん、普段はこんなに明け透けに人に話したりしませんよ。建前上は、「不妊に悩む主婦」ってことになっています。そうすれば、心優しい世間の皆さまは私に同情してくれるし、無駄な嫌味を言われずに済みますから。

東京カレンダーの関連記事
新・東京婚活事情:真面目一本で生きてきた脳外科医。可愛い恋人は、残念な「○○女子」だった
東京婚活事情:港区出身。東京アッパー層の結婚概念と、そのしがらみ
弁護士婚活事情:モテる要素しかないイケメン弁護士が、いつも恋人に振られてしまう理由

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。