マック「ランチ割引」、なぜ1年ぶりに復活?

迷走するお昼のキャンペーン

復活の気炎をあげるマクドナルド。だが、ことランチ戦略を見ると、迷走感がぬぐえない(撮影:今井康一)

それは復活の兆しなのか、迷走が続いていることの証左なのか――。

日本マクドナルドは9月12日から、平日ランチ時間帯のセット割引を復活させる。新たなランチセットの名称は「バリューランチ」。平日10時半~14時に限り、割安な値段でセットメニューを提供する。

約1年ぶりにランチ割引を復活

目玉となるのは「コンビ」と呼ばれる商品。「ビッグマック」「チキンフィレオ」などのいずれかのハンバーガーとドリンクSサイズを400円で提供する。従来のバリューセットに対して、ポテトを省いた商品だ。会社の説明によれば、それぞれ単品で購入するよりも合計で80円、50円安くなるという。

また、「ダブルチーズバーガー」「てりやきマックバーガー」「フィレオフィッシュ」の3種類からハンバーガーをひとつ選び、サイドメニュー(ポテト、サラダなどから選択)、ドリンクMサイズを付けたセットを、通常時間帯より70円安い550円で提供する。

実はマクドナルドのランチ戦略はこれまで「値下げ、値上げ、撤回、再導入」というサイクルを繰り返してきた。同社がランチのテコ入れを図ったのは意外に新しく、2009年1月のこと。関東の約1500店舗で平日10時半~13時半限定で「MPowerランチ」と呼ばれるランチ割引セットを導入したことにさかのぼる。

次ページ歴代のランチキャンペーンの一覧
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。