マルちゃん正麺が大逆転できた「3つの改革」

衰退市場で起きた”革命”とは

世界初の即席麺、日清食品の「チキンラーメン」が発明されたのは1958年のこと。当時は即席麺といえば、麺の固まりが袋に入った袋麺だった。

71年、同じく日清食品から発泡スチロールのカップに入った「カップヌードル」が発売され、即席麺の歴史を大きく塗り替えることとなった。お湯を注ぐだけですぐに食べられるカップ麺は、急激に販売数を伸ばし、98年にはついに袋麺の生産量を上回った。袋麺は72年をピークに減少傾向が続いている。現在では、袋麺の生産量はカップ麺の約半分にとどまる(下図)。

ところが、衰退の一途をたどっていた袋麺市場に、突如、革命児が現れた。東洋水産の「マルちゃん正麺」だ。11年11月の発売直後から爆発的に売り上げを伸ばし、12年度は当初目標の2倍となる2億食を突破。自社カップ麺の看板商品「赤いきつね」に並ぶ売上数量を記録し、いきなり同社の看板ブランドに躍り出た。袋麺市場で長らく首位を守ってきたサンヨー食品の「サッポロ一番」を単月売上高で追い越すなど、まさに驚異的なヒットを飛ばしている。

次ページ小腹満たしの概念を180度変える
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。