記事広告アーカイブ

クラウド・コンピューティングが与えるグローバル経営のインパクト

八子 知礼 デロイト トーマツ コンサルティング パートナー

八子 知礼(やこ・とものり)
デロイト トーマツ コンサルティング パートナー
情報・通信・メディアセクターリーダー。通信、メディア、ハイテク業界を中心に、新規事業戦略立案、CRM/顧客戦略立案、商品/サービス/購買戦略、バリューチェーン再編などのプロジェクトを多数手掛けている。著書に『モバイルクラウド』『図解 クラウド早わかり』(いずれも中経出版)、そのほか寄稿・講演多数。クラウド利用促進機構アドバイザー、新世代M2Mコンソーシアム理事を務める。

急速に普及が進むクラウド・コンピューティング

近年、IT業界ではクラウド・コンピューティング(以下、クラウド)が注目されている。クラウドとは、コンピュータ処理を必要なときにだけ、ネットワーク経由で利用するモデルのことで、セールスフォース・ドットコム、マイクロソフト、グーグル、日本だと富士通やNTTコミュニケーションズなどが、主なベンダーである。

クラウドの概念や技術自体は以前より知られていたが、ここ数年ほどの間に企業が扱うデータ量が爆発的に増えたことから、その注目度が急激に高まった。世界でやり取りされるデータの総量は2009年の段階で0.8ゼッタバイト。それが2020年には35ゼッタバイトに到達する見込みだ。ゼッタバイトとは電気屋の店頭で売られている1テラバイトのハードディスクの10億倍に相当する。ここまでのボリュームになると、一企業が自社だけでデータを管理することが難しい。一方で、取り扱いデータ量が増えたことでデータセンターにおける単位当たりのデータ管理コストが大きく下がり、特にリーマンショック後、コスト削減を迫られた企業にとって、ITの領域を見直す際にクラウドの魅力が高まった。こうして多くの企業が、膨大なデータを自社で抱え込まず、クラウド上に移行するようになったのである。

次ページビジネスモデルや経営者の意思決定に与える影響
Think Contents!
Global Management News Pickup
一覧
デロイト トーマツ コンサルティング
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。