グローバル経営戦略

2012年12月13日、デロイト トーマツ コンサルティング監修の「グローバル経営戦略2013」『Think!別冊』No.5が発刊された。同社のコンサルタントの知見に加えグローバル化を味方につけて成長に拍車をかける経営者の体験など、今を生き抜くビジネスパーソン必読のコンテンツ満載である。そのエッセンスを順次公開。

Maxim for tomorrow―明日への箴言―
近藤社長 画像
近藤 聡
デロイト トーマツ コンサルティング
代表取締役社長 パートナー
日本の企業は“第二の創業”を経て世界でプレゼンスを高めよ

企業を取り巻く世界経済の動向は依然不透明なままだ。
このような経営環境の下、日本企業が苦境を脱し、
再び活力を取り戻すためにはどうすればよいのか。
グローバルの概念を根本から問い直し、ビジネスパーソンの意識を刷新する箴言を公開する。
これを読めば、世界が違って見えてくるだろう。
現在の環境を受け止め、もう1 回事業を立ち上げ直すという感覚を持たなければいけない。言葉は大げさかもしれませんが、いわば「第二の創業」です。
長期的・歴史的な視野から、企業の存在意義レベルで眺めてみないと、環境や製品やビジネスモデルの激変に見舞われている環境への対応について腹に落ちる解はなかなか出てこない。
これからの新しい成功の基準を描き、それにコミットできる意志と時間のあるトップに代えることが必要。
欧米企業のCEOのように、40代で社長になれる人を育てるには、この枠組みのなかでは無理です。リーダーを育成する仕組みを別につくらなくてはいけない。
本社と地域統括会社、各国の事業体のどこが偉いのかがわからないので、何も決められなかったり、決めるのが遅くなる。結果として全体最適にならないということがままあります。
Think Contents!
Global Management News Pickup
一覧
デロイト トーマツ コンサルティング
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。