ホンダ「N-BOX」の人気がいまだ落ちない理由

発売5年目のモデルは何が評価されているか

ホンダ「N-BOX」の魅力とは?(写真は2013年の東京モーターショー、撮影:尾形 文繁)

昨年4月の軽自動車税引き上げ(7200円→1万0800円)を受けて、2015年度(2015年4月~2016年3月)の新車販売台数が前年度比16%減の約181万台まで落ち込んだ軽自動車市場。各社が販売減に苦しむ中、ダイハツ工業「タント」から2年ぶりに王者を奪還したのはホンダ「N-BOX」シリーズだった。

全国軽自動車販売協会連合会によると、2015年度の車名別軽自動車新車販売ランキングのトップ10は以下の通りだ。

1位:ホンダ「N-BOX」 17万2614台(前年度比8.6%減)
2位:ダイハツ工業「タント」 15万5768台(27.5%減)
3位:日産自動車「デイズ」 14万0413台(16.2%減)
4位:スズキ「アルト」 10万6852台(8.7%減)
5位:スズキ「ワゴンR」 10万0461台(35.8%減)
6位:ダイハツ「ムーヴ」 9万9466台(26.6%減)
7位:スズキ「ハスラー」 9万3212台(18.5%減)
8位:ダイハツ工業「ミラ」 8万5326台(30.6%減)
9位:ホンダ「N-WGN」 8万4268台(32.8%減)
10位:スズキ「スペーシア」 7万5780台(30.2%減)

ロングセラーモデル、N-BOXの魅力とは

燃費データ不正問題に揺れる三菱自動車の軽自動車が1車種もランクインしていないことが気になりつつ、2014年末に全面改良したスズキ「アルト」を除いて、N-BOXが他車種に比べて落ち込み幅が少ないのは目を引く。N-BOXは2011年末に登場し、2012~2013年度にも軽自動車新車販売台数でトップに立っており、年間チャンピオンは通算3度目となる。

ダイハツ工業やスズキといった軽自動車の大御所を抑え、発売5年目に入っても人気が落ちていないロングセラーモデルとなっているN-BOXの魅力とはいったい何か。

次ページ先発の競合車をかなり研究した結果か
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。