もっと広がれ!障害者のゴルフライフ

ゴルフ場も健常者も学べることばかりだ

右足体重で打つという、角谷利宗さんのスイング(角谷氏提供)

右手だけでスイングする。左足だけで立ってスイングする。両目を閉じてボールを打つ。こうしたゴルフを想像できるだろうか。そうした条件下でゴルフを楽しんでいる方たちがいるのを想像できるだろうか。

「NPO法人ジャパン・ハンディキャップゴルフ協会」が、4月から前身団体を含めて創立10年目に入った。理事長から1冊の小冊子をいただいた。「ザ・挑戦」という冊子を読み、年のせいでもあるかもしれないが、目頭が熱くなった。下肢障害、上肢障害、聴覚障害、視覚障害……さまざまな身体障害を抱えている人たちが、ゴルフを楽しむ自分を語っている。

走ったりしなくていいスポーツ

この連載の一覧はこちら

同協会で理事を務める角谷利宗さん(68)にお会いした。自分では想像できない障害を持つ方の「ゴルフライフ」を聞かせてもらった。

角谷さんは51歳のときに脳卒中を患い、左半身が麻痺した。

「入院先でリハビリをしているときに、ゴルフが大好きで同じ左半身麻痺になった方に出会った。私も営業でつきあい程度のゴルフはやっていたんですけど『退院したらゴルフしよう』となりまして。こんな体でゴルフができるなんて思わなかった」と当時を振り返る。左足を支える装具をつけている。装具がないと「左足が内転して、つま先が下がった状態になる」と、自由はほぼ利かない。

その状態で練習場に行ってみた。練習場はいわば打席と時間、ボールを買うだけなので、制限はないという。「ただ、恥ずかしくて一番隅っこでやった。全然当たらない。私を誘った友人に連絡して教えてもらうことにした」という。右手だけでクラブを持つため、最初は女性用の短く軽いクラブを使った。そこからショートコースで「ゴルフ再デビュー」し、協会設立にも関わった。

「ゴルフは走ったり、跳ねたりしなくていい。障害者にとっては可能性の高いスポーツなんです」という。ただ、角谷さんがゴルフを始めた十数年前は、まだゴルフ場の理解が少なく「予約のときに説明すると断わられることも多かった」と振り返る。健常者の友人と一緒ならできたが「1人でもやりたいと思って、会員権を探した。入会条件なし、入会金50万円以下、車で1時間、カートがある、というのを自分の条件に探して、今はホームコースを持っています。初めてそのコースに行って姿を見せて『やらせてもらえますか』と聞いたら、しばらく見て『どうぞ』といわれましてね」と笑う。

次ページティーチングプロも誕生
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。