サイバー・テレ朝連合、「神アプリ」で動画勝負

藤田晋社長お得意の麻雀チャンネルも用意

サイバー藤田社長(左)と握手するテレ朝の早河会長(右)。両社の社運をかけたサービスはどれだけのユーザーを引き込めるか

「手応えを感じている。『神アプリ』を作ったんじゃないかと思っています」。サイバーエージェントの藤田晋社長は自信を込めてこう語った。

4月11日、サイバーとテレビ朝日が共同で展開するインターネットテレビ局「Abema TV」(アベマティービー)が本開局を迎えた。両社は2015年4月に合弁会社AbemaTV(サイバーの連結子会社。代表取締役社長は藤田氏)を設立し、2016年3月から一部の番組の試験放送を始めていた。

AbemaTVは24時間放送する、パソコンやスマートフォン、タブレット端末向けのサービスだ。テレビのように番組の間に流れるCMの広告収入で運営するため、ユーザーは無料で視聴可能だ。月額960円を支払えば、オンデマンド再生も利用できる。

多様なジャンルの番組を放送

サーフィンなどスポーツ関連のコンテンツも豊富だ (AbemaTV提供)

チャンネル数は全部で24。ニュースやオリジナルのバラエティ番組に加え、ドラマ、音楽、スポーツ、釣り、ペット、アニメ、記者会見など、多様なコンテンツをそろえている。

さまざまな番組を一気に見られる感覚は多チャンネルのテレビそのもの。アプリには番組表をチェックしたり、見たい番組をプッシュ通知で教えてくれる機能もある。

中には藤田社長が得意な麻雀のチャンネルも盛り込まれている。「地上波にはないコンテンツにこだわっていく」(藤田社長)。

開局に合わせて、アプリ内のボタンからツイッターに投稿するコメント機能も追加で搭載。今後はグーグルのスティック端末「Chromecast」やアップル製品のワイヤレス機能「Airplay」に対応することで、テレビの大画面でも視聴できるようになるという。

次ページターゲットはどんな層?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。