英語特集

英会話力は頭に入れた
文の数に比例して伸びていきます

東洋学園大学教授 大西泰斗
筑波大学大学院文芸言語研究科博士課程修了。英語学専攻。オックスフォード大学言語研究所客員研究員を経て現職。『ネイティブスピーカーの英文法』(研究社)、『ハートで感じる英文法』(NHK出版)、『一億人の英文法』(東進ブックス)、『ビジネスパーソンの英語』(日本実業出版社)など、数々の著作がある。NHK Eテレの講師としても活躍し、2013年10月より「しごとの基礎英語」講師を担当
テレビの語学教育番組の講師を務める大西泰斗氏。番組の中で丁寧な解説を加える姿を目にして「自分もこんなふうに英語ができるようになりたい」と思うビジネスパーソンも少なくないだろう。「自分は海外帰国子女ではないので、英語学習に伴う苦労はよく分かる」という大西氏に、ビジネス英語を攻略するためのポイントを説いていただいた。

必須スキルを身に付ける
ための3つのポイント

英語力、特に会話力は今やビジネスパーソンにとって必須の能力です。でも実際のところ、偶然書店で見つけた本を時々読んでみる程度の「学習」しかしていない、それがほとんどの方の正直なところではないでしょうか。それでは時間の垂れ流し。しっかりとポイントを押さえた学習をしなければ英語は手に入りません。

英会話攻略には必ず押さえるべき3つのポイントがあります。日本人共通の「弱点」と言ってもいいでしょう。まずは「英語理解」、文法の話です。多くのビジネスパーソンが英語をやり直そうとするとき、思わずやってしまう行動は、①中学校文法に立ち返る、②学校文法を極める、③海外の文法書に手を出す、の3つ。学校で英語の基礎を学んでいないのならいざ知らず、普通に受験英語をくぐり抜けた方なら、どの選択肢もあまり意味はありません。それなりに中学校文法をマスターしていた時代に英語を話すことができましたか? 文法に精通しているはずの先生は、すばらしい英語を話していましたか? 私たちが学んできた文法学習には致命的な欠陥があるのです。

それは「語順」です。文法は文の作り方の基礎。であるなら、文の要素をそもそもどう配置すれば英語らしい文ができあがるのか、語順の学習と習熟が何よりも重要な学習事項のはず。ところがこれまでの文法にそうした観点はありません。英文和訳が英語教育の目標であったことを考えれば仕方のないことではありますが、話すことを考えれば、致命的な欠陥です。
英会話に向かい合ったその瞬間から、私たちは「左から右に」、英語の語順で瞬時に文を作り出すことを求められます。そしてそれは英語とまるで異なる語順を取る日本語を話す私たちにとって、とてつもなく大きなハードルなのです。このハードルは既存の文法でも海外の文法書でも乗り越えることはできません。海外の文法書は語法の説明に秀でたものが多いのですが、これほどまでに語順の異なる学習者を念頭において書かれているわけではないからです。

次ページどうすれば文法攻略をすることができるのか
資料請求
関連ページ
ワンナップ英会話
詳しくはこちら
イーオン
詳しくはこちら