NTTデータ、約30.5億ドルの企業買収で合意

米デルのITサービス部門を買収

 3月28日、NTTデータは、米デルのITサービス関連部門を買収することで合意したと正式発表した。写真はデルのロゴ、クアラルンプール郊外で2013年9月撮影(2016年 ロイター/Bazuki Muhammad)

[東京 28日 ロイター] - NTTデータ<9613.T>は28日、米デルのITサービス関連部門を買収することで合意したと正式発表した。買収額は30億5500万ドル(1ドル113.40円換算で約3460億円)。買収により、北米事業を拡大するとともに、クラウドサービスやアウトソーシングサービスを強化する。

買収するのはデルシステムズとデルテクノロジー・アンド・ソリューションズ、デルサービシスの3社とデルグループの北米を中心としたITサービス関連事業。デルのサービス部門は北米地域を中心にクラウドサービスやアプリケーション関連サービス、アウトソーシングサービスなどを提供しており、ヘルスケアや製造、サービス業、金融機関など幅広い分野の顧客を抱えている。

買収部門の2016年1月期の売上高は28億2600万ドル(同約3200億円)。

株式譲渡日は未定。のれん代等については算定中で、2016年3月期連結業績予想に与える影響はないという。

同社はグローバル化を成長戦略の柱に掲げており、2008年から積極的なM&A(合併・買収)を実施。2008年3月期に183億円だった海外売上高は2015年3月期には4490億円、全売上高に占める割合は約29%まで急成長した。2020年をめどに海外売上高1兆円、海外売上比率を50%に引き上げる計画だ。

NTT<9432.T>グループ全体では2018年3月期に海外売上高220億ドル(同約2.5兆円)、同営業利益15億ドル(同約1700億円)を目指しており、NTTはこうしたM&Aに加え、NTTデータやNTTコミュニケーションズの間で互いに顧客を紹介しあう「クロスセル」を強化することで、売上拡大を図りたい考えだ。

ただ、NTTの海外展開をめぐっては売上は拡大しているものの利益が追い付いていないとの声があるほか、NTTデータとNTTコミュニケーションズとの事業の重複も指摘されており、解決すべき課題も少なくない。

 

(志田義寧)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。